ライブはもう「良い意味で」元通りにはならない 那覇市「Output」

 
昨年2月ごろのイベントの様子(Output提供)

地元のライブハウスとして

 濱里さんは首里高校を卒業して上京し、音響の専門学校で聴衆に音を届けるためのPAシステムの技術を学んだ。その後、東京都内の「新宿ロフト」などのライブハウスで7年程PA技術を磨く。沖縄に戻ると「桜坂セントラル」でしばらくPAを務めて、現在のOutputをオープンした。

 ライブにまつわる原体験は中学校3年生の時、牧志にあったライブハウス「パロディ」(2008年閉店)で爆音に包まれた時だった。「なぜか『こんなに大きい音出して怒られないのか』と思ったのを鮮明に覚えている(笑)。中3の自分にとっては、ライブの体験がディズニーランドに匹敵するくらいの非日常感で、その感覚がずっとある」

 目指すのは「地元のアーティストが根付くハコ(ライブハウスのこと)」だ。もともと“地元密着型”を目指していたし、沖縄という立地ではそうならざるをえない面もある上、現在はコロナ禍になったことで「地元の人が出ないと、生き延びるのがより難しくなった」と話す。実際、コロナ禍になってからのライブでは「地元のアーティストや芸人さんに本当に助けられている」という。

 加えて最近は、ライブハウスの営業に不可欠なアルコール類を酒屋からまとめ買いすることを心がけている。「飲食店などと違って、酒屋さんには支援金や助成金があまりいってない状況なので、微々たるものかもしれないが少しでも現金を回すようにと思っている。ライブに来た時には、応援する気持ちでいつもより1杯多く飲んでくれたら嬉しい」。

 Outputは今年4月には10年目に突入する。今後9周年のライブイベントも複数決まっており、県内外の出演者が名を連ねる。当然、感染対策を徹底しての開催を予定している。

 濱里さんは「これからはコロナ前よりもハートフルなライブが溢れると思っている。その意味で、元通りにはならない」と強調し、「コロナがいつ明けるか分からないけれど、ライブやエンタメにはいつでも希望がある。これまでとは違った、新しいフェーズのライブを体験する機会を提供できる場でありたい」と語った。

◆Outputでのライブ情報はWEBサイト

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3


真栄城 潤一

投稿者記事一覧

1985年生まれ、那覇市出身。
元新聞記者、その前はバンドマン(ドラマー)。映画、音楽、文学、それらをひっくるめたアート、さらにそれらをひっくるめた文化を敬い畏れ、そして愛す。あらゆる分野のクリエイティブな人たちの活動や言葉を発信し、つながりを生み、沖縄の未来に貢献したい、と目論む。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ