空手と江戸上りとの推論 沖縄空手の世界⑧

 
1872年の慶賀使節団(喜屋武朝扶は前列右端)

 琉球の歴史に江戸上り(えどのぼり)が知られています。薩摩による琉球侵攻以降、幕末までに18回に渡り行われました。将軍への拝謁を目的に琉球から江戸へと船と陸路で往復します。

 飛行機で行ける現代と違い、片道約2000キロの旅路を2か月~半年ほどかけての往復、約一年がかりの行程でした。薩摩藩と合流して鹿児島、瀬戸内、大阪、美濃路、東海道を経て江戸に入るという行程を取り、琉球使節の江戸参府といわれていました。

 行われるタイミングとしては江戸の徳川将軍や琉球の尚国王が代替わりの際ということになります。将軍が代わった際の使者は慶賀使(賀慶使)、国王が代わった際の使者は謝恩使(恩謝使)といいました。

 はじまりは1634年の尚豊王就任の謝恩使で、最後は1850年の尚泰王就任の謝恩使です。使節団は100~200名の団体で身分の高い士族で、王子や親方、三司官や親雲上、演奏や舞踊を披露する楽童子といわれた少年たちでした。

 琉球を支配する薩摩藩、琉球の使節の来訪を受ける幕府、それぞれの権威を道中でアピールすることが大きな目的でしたが、鎖国時代、道中の琉球人は中国風の様相で日本とは違う文化的意味合いを現わしていました。後年の江戸上りでは、「琉球人行列附」という琉球使節団の情報を記した木版刷り物も作られ、人々は行列見物を楽しんだようです。歴史的には琉球と日本の文化交流行事としてその意義を位置づけされています。

1842年の江戸上り

江戸上りに参加した空手家

 今回、空手を専門とする記事として、この江戸上りに空手家が本土に渡り江戸に行っていた可能性を考えて探りたいと思います。今まで、空手と江戸上りとの兼ね合いは空手の文献を始め見たことがなく筆者のテーマとしています。

 この時代では空手はまだ存在せず空手の源流である手(ティー)の時代です。結論からいうと、空手家(手の使い手)が江戸上りに参加していました。資料として残されているものは少ないですが、分かっている範囲でご紹介します。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  甲子園球場では高校野球のセンバツ大会がスタートし、球児たちの春が帰ってきた。一方…
  2. 飼い主様を探しています!見覚えのある方はDMまたは沖縄動物愛護管理センターのホームページま…
  3.  新型コロナの影響でタイトルをかけた決戦のリングにすら上がれなかったプロボクサーがいる。H…
  4.  卓球Tリーグチーム琉球アスティーダを運営する「琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社」と…
  5.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵国場組大寛組

特集記事

  1.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
  2. 「県の対応が短いスパンに基づいた判断での医療施策に偏りすぎており、宿泊業や観光関連業が取り…
  3. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ