文化としての「食」に向き合う 棚橋俊夫さんの精進料理(1)

 

首里城では精進料理を食べていた?

 棚橋さんには、独自に考えた仮説がある。「かつての琉球王国の健康長寿を支えていた のは、精進料理だったのではないか」というものだ。

 伝統的な器で、数々の作品が県の文化財にもなっている琉球漆器。漆器は「神聖なものを盛る器」で、料理と器を一体とする精進料理の精神性に基づいたものだ。漆器がかつての琉球の生活の一部に組み込まれていたのは、精進料理の影響が少なからずあるのではないかとみている。
 そして、最大のポイントは禅寺の円覚寺が首里城のお膝下に置かれていたことだという。日本とも中国とも交流していた琉球にとって、その双方とコミュニケーションをとることができたのが寺の僧侶で、政治的・社会的にも大きな役割を担っていた。「当時のお坊さんは国政にも関わる、いわばエリート。禅寺の僧侶であれば精進料理を実践していたはずなので、少なくとも王府の人たちは健康に配慮して日常的に口にしていたと思う」と推察する。

 その精進料理の“名残”は、現在の沖縄の食生活に浸透している食材にもみてとれる。その一例として、昆布を多用することが挙げられる。昆布は精進料理で、出汁をとるための重要な植物由来の食材だ。現在の沖縄の料理でも、ソーキ汁は豚の出汁に加えて昆布が入る。清明祭(シーミー)などの行事の際に作る重箱にも結び昆布は欠かせない。また、豆腐も精進料理には必需品の素材だが、こちらも重箱にはもちろん、日々の生活で島豆腐が当たり前のように使われている。

ごまの旨味と香りを閉じ込めたごま豆腐

 「昆布を始め、そもそも精進由来の食材がこれほど普及したのは、琉球が中継貿易をしていたという要因もあるが、庶民生活への広がりがあったのは精進のフィロソフィーが認知されていたということの証左なのではないか」

 こうした考察や推論をもとに、棚橋さんは文献を調べたが、琉球王朝と精進料理との関係について記述されたものはまだ目にしたことがないという。「首里城再建の機運も高まる中、当時の食にきちんと着目することで浮かび上がってくる文化の在り方が確かにあると思う。琉球精進料理の復活を願い、県民の健康と財産に貢献したい」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

4

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組琉球海運_広告国場組

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ