文化としての「食」に向き合う 棚橋俊夫さんの精進料理(1)

 

日本で最も古く、世界で最も新しい料理

 文化への向き合い方に加え、現代の食生活が日常的に肉中心になっており、野菜を軽視する傾向にあることへの憂いも大きい。「食べることへの興味や関心が欲望的になっている」。食事という行為が、自身の欲望を満たすために「欲望に支配されがちになってし まっている」と指摘しながら、「欲望はコントロールするもので、自分が『食』に何を求めるかということを考えれば、自ずと生活の仕方や考え方も変わっていくもの」と述べた。

 棚橋さんが最も力を入れいているのは、精進料理の理解者を1人でも多く増やしていく ことだ。「精進料理には底知れぬ深さと広さがあって、まだまだ可能性を秘めている」と断言する。現在は日本国内よりも、海外からの注目が集まっているという。「日本で興味を示す人は圧倒的に少なく、その辺は寂しい思いをしている。海外の人たちの方が好奇心と尊敬の念が強い」。
 こうした現状を踏まえ、料理をして食べながら学べる教育の場を設けることも模索中だ。 料理に対する反応は、味覚が主観的で好き嫌いがあり、個別に違うが「だからこそ面白い」という。棚橋さんの料理を食べた人たちが、体の内側からの反応について報告してくることも多い。コロナ禍の現在、自宅で料理する機会も増えてきているからこそ、たくさんの野菜を食べ、自然を感じながら体内を清らかにすることを実践してほしいと考えており、精進料理はその大きなヒントになると強調する。

真剣な眼差しでゴーヤーを盛り付ける

 「精進料理は日本で最も古い料理だけれど、同時に世界で最も新しい料理にもなりうる 懐の深さがある」と力を込める棚橋さん。精進料理の奥深さ、野菜の素晴らしさを広めていくことを自身の“使命”と位置付けている。

 「精進の精神を知ってもらうことが食の見直しにつながり、それは文化を継承していく意味でも我々の未来に通ずることにもなる。今後も可能性を伝え続けたい」

 棚橋さんが主宰する「是食(ぜくう)キュリナリーインスティテュート」のWebサイトはhttps://www.zecoow.com/

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2 3

4

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組大寛組前田鶏卵琉球海運_広告

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ