琉球ブルーオーシャンズ2年目のトライアウト 来年こそ真価が問われる

 

 昨年発足した、沖縄初のプロ野球チーム「琉球ブルーオーシャンズ」。さぁ、これからだ!という時にまさかの「コロナ禍」に巻き込まれ、思うような試合もできず、野球好きな沖縄県民たちにお披露目する機会もほぼ皆無だった。

 NPB(日本野球機構)の12球団ですら無観客試合が続き、ファンサービスもままならなかったのだから致し方ないことである。それでも前を向き、来年こそ一人でもNPBに選手を送りだそう、そしてチームがNPBに参入できるように頑張ろうと、2年目に向けて、新戦力強化の為のトライアウトが11月6日、ANA SPORTS PARK浦添で行われた。

 書類審査を通過し、トライアウトに参加した選手たちは、北は北海道、南は沖縄まで、18歳から25歳の43名が結集。チームをつくる為に選手全員を集めることを主体とした昨年とは違い、今回は足りない戦力の補充を目的とした狭き門になった。 

 前日の雨で少しぬかるんだグラウンドで朝9時からスタート。清水直行監督から「持っている力を全て出してください」と檄を受けて始まった。 

清水監督「実力をだしきるように!」

 まずチェックされたのは、内外野の守備力、肩、投手のフィールディング、投内連携などの守備面。ファウルグラウンドでは30メートル走で、足の速さ機敏さを試された。ブルペンでは投球練習を開始、キャッチャーの真後ろにスピードガンをかざされ、監督、コーチが見つめるなかでの投球は、緊張のあまりとんでもないところに投げてしまう投手もいた。それでも一日限りのチャンス。実力を発揮できるかどうかで人生が決まってしまうのである。

内野守備
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  3.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
  4.  任期満了に伴う那覇市議選(定数40)が11日に投開票された。「オール沖縄」を標榜し城間幹…
  5. 20210612_県「総合的に判断する」緊急事態宣言の是非で-1
     5月23日にスタートした今回の緊急事態宣言。当初は6月20日の解除を目指して、小中高校の…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組国場組前田鶏卵

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ