琉球ブルーオーシャンズ2年目のトライアウト 来年こそ真価が問われる

 

 昨年発足した、沖縄初のプロ野球チーム「琉球ブルーオーシャンズ」。さぁ、これからだ!という時にまさかの「コロナ禍」に巻き込まれ、思うような試合もできず、野球好きな沖縄県民たちにお披露目する機会もほぼ皆無だった。

 NPB(日本野球機構)の12球団ですら無観客試合が続き、ファンサービスもままならなかったのだから致し方ないことである。それでも前を向き、来年こそ一人でもNPBに選手を送りだそう、そしてチームがNPBに参入できるように頑張ろうと、2年目に向けて、新戦力強化の為のトライアウトが11月6日、ANA SPORTS PARK浦添で行われた。

 書類審査を通過し、トライアウトに参加した選手たちは、北は北海道、南は沖縄まで、18歳から25歳の43名が結集。チームをつくる為に選手全員を集めることを主体とした昨年とは違い、今回は足りない戦力の補充を目的とした狭き門になった。 

 前日の雨で少しぬかるんだグラウンドで朝9時からスタート。清水直行監督から「持っている力を全て出してください」と檄を受けて始まった。 

清水監督「実力をだしきるように!」

 まずチェックされたのは、内外野の守備力、肩、投手のフィールディング、投内連携などの守備面。ファウルグラウンドでは30メートル走で、足の速さ機敏さを試された。ブルペンでは投球練習を開始、キャッチャーの真後ろにスピードガンをかざされ、監督、コーチが見つめるなかでの投球は、緊張のあまりとんでもないところに投げてしまう投手もいた。それでも一日限りのチャンス。実力を発揮できるかどうかで人生が決まってしまうのである。

内野守備
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ