乳児院にフリマで寄付 タレント・東江万那美さん SNSで広がる輪

 
子どもたちのために活動を続けるタレントの東江万那美さん(左)とインタビュアーのチャキ

 みなさんハイタイ!沖縄音楽とポップスを融合した新たな沖縄音楽を発信する「リュウキュウノツカイ」のチャキです。

 私がお届けするこの記事では、沖縄の未来を切り開く、かっこいい女性を紹介していきます!

 記念すべき第一回目のゲストは、沖縄でタレント活動をしながら、支援を必要とする子どもたちの手助けや子どもを短期間自宅で預かる「養育里親」制度の啓発活動をしている「まみむめまーみー」こと東江万那美さんです。(以下、まーみーさん)

 自身も2児の母であるまーみーさんは、子どもたちを取り巻く現状について問題意識を持つ大切さを話し「外野になってはダメ」と、社会課題の解決に向けた行動を起こしています。

まーみーさん主催の『マママーミーリユースフリマ』ってどんな活動?

 まーみーさんは児童福祉施設への寄付や、子どもにまつわるさまざまな問題を話し合うきっかけ作りなどを目的に『マママーミーリユースフリマ』というプロジェクトを今年1月から主催しています。自宅で眠っている着なくなった洋服などを、10円や100円といったリーズナブルな価格で販売し、売上は全て児童福祉施設に寄付しています。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組大寛組琉球海運_広告前田鶏卵

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ