乳児院にフリマで寄付 タレント・東江万那美さん SNSで広がる輪

 
子どもたちのために活動を続けるタレントの東江万那美さん(左)とインタビュアーのチャキ

 みなさんハイタイ!沖縄音楽とポップスを融合した新たな沖縄音楽を発信する「リュウキュウノツカイ」のチャキです。

 私がお届けするこの記事では、沖縄の未来を切り開く、かっこいい女性を紹介していきます!

 記念すべき第一回目のゲストは、沖縄でタレント活動をしながら、支援を必要とする子どもたちの手助けや子どもを短期間自宅で預かる「養育里親」制度の啓発活動をしている「まみむめまーみー」こと東江万那美さんです。(以下、まーみーさん)

 自身も2児の母であるまーみーさんは、子どもたちを取り巻く現状について問題意識を持つ大切さを話し「外野になってはダメ」と、社会課題の解決に向けた行動を起こしています。

まーみーさん主催の『マママーミーリユースフリマ』ってどんな活動?

 まーみーさんは児童福祉施設への寄付や、子どもにまつわるさまざまな問題を話し合うきっかけ作りなどを目的に『マママーミーリユースフリマ』というプロジェクトを今年1月から主催しています。自宅で眠っている着なくなった洋服などを、10円や100円といったリーズナブルな価格で販売し、売上は全て児童福祉施設に寄付しています。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ