琉球ブルーオーシャンズ2年目のトライアウト 来年こそ真価が問われる

 

 トライアウトを終えて清水監督は「緊張して声もでていない選手もいたが、しっかり準備してきた選手、光る選手もいた。今年のドラフト会議を見ていたら、年齢の若い選手が多く指名されていたので、今回は年齢も重視していきたい。僕らのチームが、野球界でどのポジションなのかを考えると、育成することも大事だと。参加した選手には、ドラフト会議の時やスカウトが見る時期に怪我をしていたり、何かしらタイミングが合わなかった選手もいると思うので、彼らの手助けもできるといいと思う」。と感想を述べた。

清水監督

 また、来年に向けて、「今年はいろんな業界でコロナの影響を受けているが、ブルーオーシャンズは、来年100試合ほど行うことも決まってきたし、先が見えてきた。新しくできた九州リーグとの試合では勝利をめざし、沖縄県内の試合は育成強化に重点を置いて戦っていく。そして2021年のプロ野球ドラフト会議で一人でも名前が呼ばれるよう、期待したい」と笑顔で話した。

 2020年、当たり前がなくなり、一人一人がどう生きるか、何が大切なのかがわかってきたシーズンだった。この経験を生かすも殺すも2021年こそ本物が試される。この日のトライアウト最終合格発表は、11月20日、琉球ブルーオーシャンズの公式ホームページで通知される。選手たちの運命はいかに・・・。

*琉球ブルーオーシャンズとは*

 2019年7月に設立、2020年1月から宜野湾市などで始動。将来NPB参入を目指す沖縄初のプロ野球チーム。監督は前千葉ロッテの清水直行、チームには元NPBの比屋根渉(ヤクルト)、杉山翔大(ドラゴンズ)などが所属する。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

相羽 としえ

投稿者記事一覧

愛知県生まれ。東海ラジオアナウンサーからフリーアナウンサー&ライターに。スポーツニッポン、中日スポーツなどのスポーツ記者を経て、2017年沖縄与那原町に移住。3年間地域おこし協力隊として与那原の情報発信に務めた。現在もまちづくりなど様々な情報を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ