アメフト・琉球Gライオンズ、初の有観客試合 米軍リーグ参入へ

 

 

 去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディアンライオンズ(RGL)」。新型コロナの影響で練習試合は行っていたものの、有観客での試合開催ができない状況が続いていたが、12月5日(日)、ついに米軍基地内のリーグに所属するアメリカ人チーム「OKINAWA DRAGONS」とのゲームが開催された。会場のANAフィールド浦添には1300人あまりの観客が訪れ、RGLの初陣に声援が送られた。

■関連記事
目指す3年後のアメフト国内トップリーグ加入 琉球Gライオンズ | HUB沖縄

困難の船出から”大きな第一歩”

チーム提供

 新型コロナの影響で、メンバーを集めるのも練習場所を確保するも困難。首里城再建のチャリティーマッチとして8月に予定されていた初の有観客試合「首里城ボウル」は中止に。その厳しい状況の中でも、チームを一般社団法人として組織化し、改めてスポンサーや県などの後援を取り付けるなど努力を重ねついに開催までこぎつけた。この日の試合は沖縄のアメフト・スポーツファンのみならず、基地内からも観客が駆けつけた。

 練習でDRAGONSの胸を借りるなどしていた琉球ガーディアンライオンズ 。国内トップXリーグや基地内の米軍リーグの経験者もいれば未経験者もいるため、チームとしてはまだまだこれから経験を重ねる必要がある。中止から3カ月あまり、改めて「首里城ボウル」と銘打たれて行われたゲームは、体格やキャリアで上回るDRAGONSが5タッチダウンを奪った。対するRGLも相手陣内深く攻め込み初タッチダウンまであと少しという場面を作ったが、速い相手プレッシャーでパスも突破も阻まれる結果となり0-38で敗れた。それでも場内からはRGLの健闘、そしてDRAGONSに温かい拍手が送られた。

「たくさんの人の前で試合をやれた」新城代表の涙

 試合後の挨拶でRGLの新城利一郎(しんじょう りいちろう)代表兼選手は涙で声を詰まらせた。厳しい試合内容の悔しさもあったが、何よりもチームとしての大きな一歩を踏み出すことができたこと、そしてアメフトに多くの人が関心を持って足を運んでくれたことに対する感謝の思いが大きかったと語る。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ