キングス 球団初のアジア枠、ジェイ・ワシントン獲得 EASL見据え補強

 
キングス初のアジア特別枠選手となるジェイ・ワシントン(琉球ゴールデンキングス提供)

 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは9月8日、フィリピン出身のジェイ・ワシントン(40)と選手契約を結んだことを発表した。アジア特別枠制度を活用した選手獲得は球団初。キングスは今季、東アジア各国のリーグの強豪チームが参加して初開催されるEASL(東アジアスーパーリーグ)にも出場するが、Bリーグに比べて外国籍選手の登録枠が1つ少ないことから、戦力をさらに底上げするために今回の補強に至った。

 1981年11月10日生まれのワシントンは、身長200センチ、体重98キロのパワーフォワード。米国のエッカード大学卒。2005年から母国フィリピンのプロリーグ(PBA)一筋でプレーしてきたベテランだ。

ビッグマンの層に厚み

 EASLのルールでは、日本国籍以外の選手の登録枠は学国籍2人、アジア特別枠1人となっており、Bリーグに比べて外国籍が1人少ない。ジャック・クーリー、アレン・ダーラム、ジョシュ・ダンカンの3人の外国籍のうちの2人に加え、ワシントンもベンチ入りできることで、よりビッグマンの層の厚さが増した。

EASLの公式ホームページ(https://www.easl.basketball/?lang=ja)

 10月にホーム&アウェー方式で開幕するEASLは日本、韓国、フィリピン、台湾、香港から計8チームが参加し、初代王者を目指すキングスは予選をグループAで戦うことが決定している。

 11月2日には、同じグループに所属するPBA王者の「サン・ミゲル ビールマン」とアウェーで対戦するため、球団は「バスケットボールが国技のフィリピンに乗り込んでの試合となり、キングスにとっては経験したことがない環境での厳しい戦いが見込まれます。ベテラン選手を加えて逆境を乗り越えることができればと願っております」とコメント。また、8月に人工橈骨頭置換術の手術が終了したことが発表されたばかりの渡邉飛勇にも触れ「渡邉選手が不在の期間中、控えのビッグマンとしての活躍も期待しています」とした。

「私自身を捧げる覚悟」

 ワシントンのコメント概要は以下。

 2022-2023シーズンに向けて、キングスという素晴らしいチームに参加できることをとても楽しみにしています!2021-22シーズンはキングスにとって素晴らしいシーズンとなったと思いますが、達成すべき、さらに大きな目標があり、それに向けて今シーズン取り組むことに興奮しています。このような素晴らしい組織でプレーできることを誇りに思い、今後も成功を収めることを楽しみにしています。私自身を捧げる覚悟で一生懸命プレーします。すべてはチャンピオンになるために!

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ