新生キングス、初陣で白星! 新加入のダンカン、松脇がフィット

 
インサイドでゴールを狙うジョシュ・ダンカン=9月10日、沖縄アリーナ(長嶺真輝撮影)

 新生キングスが2022-23シーズンに向け、初陣を白星で飾った。

 10月にシーズン開幕を控えたプロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは9月10日、沖縄アリーナで今季からB1に昇格した仙台89ERSとプレシーズンゲームを行い、96ー77で勝利した。新加入のPFジョシュ・ダンカンとSG松脇圭志がキングスのバスケにフィットする活躍を見せたほか、昨年11月の大けがから復活したSF田代直希主将も軽快なプレーを披露。非公式戦にも関わらず、アリーナには6751人のファンが詰め掛けた。

 試合後には、現役時代にキングスで背負った「6番」が永久欠番となっている金城茂之さん(仙台アシスタントコーチ)の功績を讃えるセレモニーも行われた。

クーリー&ダンカン&ダーラム 強烈インサイド誕生

ダンクを叩き込むダンカン

 最大の見どころとなったのは身長205センチ、体重111キロのビッグマン、ダンカンのお目見えしたことだ。昨季まで4シーズン、過去に優勝1回、準優勝2回を誇る強豪の千葉ジェッツで主力としてプレーし、キングスもこれまで何度も苦しめられた実績十分のベテラン。昨季も平均13.2得点、7.7リバウンドを記録し、堅実な活躍でチームに貢献した。

 ダンカンは第1クオーター(Q)中盤に交代でコートに入ると、盛大な拍手で迎えられた。序盤こそなかなか存在感を発揮できなかったが、徐々に攻守で真価を発揮し始める。

 キングスの激しい守備に適応し、迅速なカバーや力強いリバウンドで貢献。過去に2度リバウンド王を獲得したジャック・クーリー、アレン・ダーラムというフィジカルの強い選手がいるため、攻撃では「潤滑油の様な役割をしたい」とフロアバランスを保ち、得意のスリーポイントも沈めてチームで2番目に多い16得点を挙げた。

 入団して初の試合となり「緊張感はあった」と言うが、「個人的に楽しむことが出来た」と振り返ったダンカン。「キングスは選手同士がお互いを高め合えるチームなので、自分もスキルアップを図り、勝利に貢献していきたい」と意気込みを語った。

 桶谷大HCが「ジャックがインサイドを守り続けるのは難しいので、ダンカンというバックアップがいるのはすごく大きい。バランスの取れる選手が入ってくれた」と期待感を示すように、厚みを増したキングスのインサイド陣は相手チームにとって脅威となることは間違いない。

体を張ってしつこいディフェンスを見せる松脇圭志

 もう1人の新加入選手の松脇はスタメンで登場。185センチとそこまで高さはないが、見るからにがっしりとした体格が強みだ。

 相手ガードとの体のぶつかり合いで負けず、激しいディフェンスで仙台の攻撃のリズムを狂わせた。オフェンスではボール運びのほか、スリーを決める場面もあり、キングスでの初の試合とは思えない程、違和感なくプレーしていた。指揮官も「足がめちゃくちゃ速いわけじゃないけど、フィジカルが相当強いので、ボールをもらうだけでも相手の体力を削れる」と高く評価した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ