国、辺野古「不承認」に対抗措置

 
会見で発言する沖縄県の玉城デニー知事=7日、沖縄県庁

 沖縄防衛局は7日、米軍普天間飛行場の辺野古移設をめぐり玉城デニー知事が同局の設計変更申請を「不承認」とした措置について、行政不服審査法に基づき国土交通相に審査請求を行ったと発表した。今後は、国と沖縄県の法廷闘争に発展する可能性が高く、来年1月の名護市長選や秋の県知事選を控え、政治的対立も厳しさを増しそうだ。

 玉城知事は同日、沖縄県庁で会見し、「国土交通相は内閣の一員として辺野古新基地建設を推進する立場にあり、公平公正な判断を行うことは事実上不可能だ」と述べて国の対応を批判した。

 防衛局の設計変更申請は、移設先の大浦湾でマヨネーズ並みともいわれる軟弱地盤が確認されたことを受けて昨年4月に提出されたもの。玉城知事は今年11月25日、「地盤の安定性などに関する最も重要な地点で必要な調査が実施されていない」などとして不承認の処分を下していた。

 7日の会見では、記者団から「今後の上京で、首相や防衛相、官房長官に対して審査請求の取り下げを求めることはあるか」との質問も出された。これに対し、玉城知事は「可能かどうか検討したい」と述べるにとどめた。


名護市含む衆院沖縄3区勝利で自民会派が知事追及

沖縄県議会


 一方、11月25日に開会した沖縄県議会(赤嶺昇議長)定例会では、10月の衆院選で辺野古移設容認を掲げた候補が名護市を含む沖縄3区で勝利したことを受け、自民会派が玉城知事を追及する動きが見られている。

 6日、同会派に所属する仲里全孝県議は一般質問で「沖縄3区で衆院選挙の結果はどうなったか」などと指摘。これに対し、金城賢知事公室長は「新型コロナウイルスや新たな沖縄振興、コロナ対策後の経済などが争点になり、辺野古新基地建設は大きな争点にはならなかったと考えている」と答弁した。

 また、7日に一般質問した花城大輔県議も「(県にとって)都合の良い民意と、都合の悪い民意を使い分けているとしか思えない。知事は、仕事は自民党にお願いしながら、(3区で別の候補者を)応援する」と批判した。

 年末には来年度の沖縄振興予算の額も決まるほか、次期沖縄振興計画の策定作業も進んでいる。辺野古をめぐり国と県の対立が深まる中、沖縄は来年の「選挙イヤー」に突入しようとしている。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ