FC琉球が感謝の集い「来シーズンも後押しを」

 

感謝の集いで、記念撮影する選手とファンクラブ会員ら=7日、那覇市のタイムスホール

 

 サッカーJ2のFC琉球は7日、パートナー企業やファンクラブ会員を集めた2021シーズン感謝の集いを那覇市内で開いた。琉球フットボールクラブの小川淳史社長は、ファンの後押しで最高順位の9位で終えたと報告。選手たちが余興や抽選会などを行いながら、訪れたファンと交流を深め、来季の応援を呼び掛けた。

 上里一将主将はイベント後、「やはり、サポーターの声援や後押しは不可欠。1試合の重みを感じ、体現しながら結果につなげたい。来シーズンもよろしくお願いします」とファンにメッセージを送ったほか、「毎年、苦しみながら進んでいくのは分かっている。ただ、目標のJ1昇格が果たせなかったのは責任を感じている。もっとチームをまとめながら進めたかった」と今季を振り返った。

 感謝の集いでは、パートナー企業対象の第1部は183人、ファンクラブ会員対象の第2部は214人が参加し、選手たちと交流しながらFC琉球の2022シーズンの一層の飛躍を期待した。

 このうち、第2部では詰め掛けたファンクラブ会員に楽しんでもらおうと、若手選手による余興、選手着用トレーニングウェアや特注スパイク、試合用スパイク、キーパーグローブなど選手私物が当たる大抽選会などが行われた。

抽選会で、当選者と笑顔でグータッチする上里一将主将(左)=7日、那覇市のタイムスホール

 喜名哲裕監督は、苦しいシーズンの中でファンの応援が選手を後押しし、大きなパワーを与えてくれたと感謝の言葉を述べた上で、「今日は、選手が皆さんを楽しませる。短い時間だが、有意義に過ごしてほしい」と呼び掛けた。

 同クラブの小川社長は、「コロナで5試合無観客という苦しい戦いの中、頂いた熱いメッセージは胸に響いた。この熱い思いを来季以降も続けて頂き、最高順位や最高の状態を更新していきたい」と述べ、来季以降の応援を求めた。

 FC琉球は、18 勝11分13敗の勝ち点65で今シーズンを終了し、19年にJ2昇格を果たしてから最高順位の9位となった。今季は開幕5連勝などと好発進したが、後半戦は厳しい試合が続いた。10月18日には直近7試合の戦績などを踏まえ樋口靖洋監督を解任。ヘッドコーチの喜名哲裕氏が新監督に就任した。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ