FC琉球が感謝の集い「来シーズンも後押しを」

 

感謝の集いで、記念撮影する選手とファンクラブ会員ら=7日、那覇市のタイムスホール

 

 サッカーJ2のFC琉球は7日、パートナー企業やファンクラブ会員を集めた2021シーズン感謝の集いを那覇市内で開いた。琉球フットボールクラブの小川淳史社長は、ファンの後押しで最高順位の9位で終えたと報告。選手たちが余興や抽選会などを行いながら、訪れたファンと交流を深め、来季の応援を呼び掛けた。

 上里一将主将はイベント後、「やはり、サポーターの声援や後押しは不可欠。1試合の重みを感じ、体現しながら結果につなげたい。来シーズンもよろしくお願いします」とファンにメッセージを送ったほか、「毎年、苦しみながら進んでいくのは分かっている。ただ、目標のJ1昇格が果たせなかったのは責任を感じている。もっとチームをまとめながら進めたかった」と今季を振り返った。

 感謝の集いでは、パートナー企業対象の第1部は183人、ファンクラブ会員対象の第2部は214人が参加し、選手たちと交流しながらFC琉球の2022シーズンの一層の飛躍を期待した。

 このうち、第2部では詰め掛けたファンクラブ会員に楽しんでもらおうと、若手選手による余興、選手着用トレーニングウェアや特注スパイク、試合用スパイク、キーパーグローブなど選手私物が当たる大抽選会などが行われた。

抽選会で、当選者と笑顔でグータッチする上里一将主将(左)=7日、那覇市のタイムスホール

 喜名哲裕監督は、苦しいシーズンの中でファンの応援が選手を後押しし、大きなパワーを与えてくれたと感謝の言葉を述べた上で、「今日は、選手が皆さんを楽しませる。短い時間だが、有意義に過ごしてほしい」と呼び掛けた。

 同クラブの小川社長は、「コロナで5試合無観客という苦しい戦いの中、頂いた熱いメッセージは胸に響いた。この熱い思いを来季以降も続けて頂き、最高順位や最高の状態を更新していきたい」と述べ、来季以降の応援を求めた。

 FC琉球は、18 勝11分13敗の勝ち点65で今シーズンを終了し、19年にJ2昇格を果たしてから最高順位の9位となった。今季は開幕5連勝などと好発進したが、後半戦は厳しい試合が続いた。10月18日には直近7試合の戦績などを踏まえ樋口靖洋監督を解任。ヘッドコーチの喜名哲裕氏が新監督に就任した。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵国場組大寛組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ