北中城村観光協会がYouTuber募集!「目立たない観光地」の魅力発信を

 

 北中城村観光協会は先月16日、村をPRする「キタナカ公式YouTuber」の募集を開始しました。100日間連続で100本の動画を納品することが条件です。 

 YouTubeへ動画をアップロードすることで生計をたてる「YouTuber(ユーチューバー)」が小中学生のなりたい職業1位になるなど世間的な注目が高まる一方、YouTubeを収益化するためには「18歳以上」「公開動画の直近12ヶ月で4,000時間以上」「チャンネル登録者数が1,000人以上」などの高いハードルが存在します。 

 しかし、この「キタナカ公式YouTuber」に選ばれることで一気に「お仕事YouTuber」として活動できることになります。 しかも、報酬は100万円です。

 100日連続・100本の動画を制作することも含め、仕掛け人の方に話をうかがってみました。 

全国へ羽ばたくYouTuberを発掘したい

 この企画を発案した北中城村観光協会事務局長の又吉演氏に話をうかがってみました。 

北中城村観光協会 又吉演事務局長

 又吉氏は沖縄観光コンベンションビューロー・今帰仁村観光協会などを経て、現在北中城村観光協会で様々な企画を仕掛けています。 

−−今回のYouTuber企画のきっかけを教えてください 

 観光協会として北中城の情報を発信していますが、沖縄県内で特徴的な観光を打ち出せていないのが現状です。村内には中城城跡もありますが、あちらは中城村さんが中心に動いていますし、「女性長寿日本一」などもあるのですがあまりフューチャーされていない状態です。

−−確かに「観光地」とも違いますしね… 

 北中城の魅力的な情報を発信できるよう、オリジナルの映画を制作したり、あるいはスタジオを作ったり、他の観光協会にはない取り組みを行っていました。そうしたものを活用し、メディア戦略で魅力を発信しようと思ったのがキッカケですね。 

イオンモール沖縄ライカム内にある「スタジオキタナカ」。村内外問わず、時間単位で借りて、番組の収録などを行うことができる

−−こうした参加型の発信企画は、他の地域もやっているのでしょうか? 

 例えば近くのうるま市さんですと、今まさにチャンネル登録者数100万人以上のYouTuberと100万円でコラボして地域の動画を数本作ってもらうPR企画を行っていますね。 (注:うるま市は「インフルエンサーによる市内経済活動広報事業」でチャンネル登録者100万人を超えるYouTuber「ハイサイ探偵団」とコラボし動画を作成) 

 YouTubeを活用すること、予算規模などは似ていますが、私たちの場合は逆に全くの素人さんと一緒に成長しながら地域の魅力を伝えていければいいなと思っていますね。 

−−それでは、今回の企画は初めての方大歓迎なのでしょうか? 

 そうですね。これは私の個人的な体験でもあるのですが、以前沖縄観光コンベンションビューローに勤めていたときに、沖縄フィルムオフィスという部署にいました。その時、中学生だった仲村颯悟くんを『やぎの散歩』という作品で映画監督デビューに立ち会いました。今度は沖縄から全国に羽ばたくYouTuberを発掘したいと思って、募集を行っています。 

−−応募のハードルはすごく低いということですか? 

 そうですね。この企画は選ばれたら終わりではなく、その後は動画の作り方を学べるコンサルタントの方も入れて一緒に作りあげていく予定です。もう本当、今更YouTube始めたいという方を募集しています。 

 ただ、YouTubeの撮影や編集を「好き」であってほしいですね。「下手」は構わないんですが、好きでないと続けていくのが難しいので。 

 100本の動画を作って終わる関係ではなく、この企画をキッカケに羽ばたいて、ビッグになってスタジオキタナカに凱旋してほしいですね。 

器用貧乏で目立てていない!? 

−−では、北中城村の魅力を伺いたいと思います。例えば「住む」魅力はどんなところがあるでしょうか? 

 私の場合は、交通の便の良さを実感していますね。南部にも、北部にもアクセスしやすい。高速のインターも近いですし。 

 また大型ショッピングセンターや大きい病院もあるので生活して困ることはまずないですね。 

 城下町でもあるので、大城(おおぐすく)集落という昔ながらの街並みも残っていますし、近くに海と山もあります。バランスの良い街だと思います。 

−−確かに。発展し続ける部分と、昔ながらの良さがいい具合に混ざっていますよね。 

 逆にいうと、バランスが良すぎて、観光地として目立てていないのかもしれませんね。 

 良い所は本当沢山あるので、だからこそメディア戦略が大事だと思っています。 

 ちなみに今度は観光協会で「豆腐島」を、インスタ映えスポットとして売り出していこうと思ってポスターを作りました。 

−−あの、県総合運動公園のキャンプ場の近くの海から見えるあの岩ですか! 

 実は以前、今帰仁の観光協会にいた時にハートロックを観光スポットとして売り出したら人が沢山きたんですよ。 

 豆腐島は、地元の人からすると「昔からあるもの」と思っているかもしれないですが、オーストラリアのエアーズロックのような神秘さがあって面白いなと思って、現在売り出し準備中です。 

 このように、公式YouTuber以外にも色々と企画していますので、楽しみにしていてください。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

応募締め切りは11月8日(日)必着。
「キタナカ公式YouTuber」の詳細や応募はこちらから。 
https://kitapo.jp/news/youtuber/

Print Friendly, PDF & Email
モバイルプリンス

モバイルプリンス

投稿者記事一覧

1987年、沖縄市出身。お笑い芸人・携帯電話ショップ勤務の経験を活かし、スマホ・ ネット活用の方法を楽しく、分かりやすく伝える。琉球新報での連載をはじめ、 「サイバー防犯PR大使」「スマート申告納税大使」としても県内を中心に活動中!

関連記事

おすすめ記事

  1.  「このままでは、沖縄の貨物ハブに未来はない」  全日本空輸(ANA)の幹部…
  2.  9月25日、「ゆいレール」を運行する第三セクター「沖縄都市モノレール」は、3両編成の車両…
  3.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  4.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
  5.  15世紀の琉球で誕生したともいわれる空手。県が掲げる「沖縄空手振興ビジョン」によると、世…

特集記事

  1.  「このままでは、沖縄の貨物ハブに未来はない」  全日本空輸(ANA)の幹部…
  2. 沖縄鉄軌道 沖縄ニュースネット
    「2019年度末に着工できるよう、取り組みを加速していく」  7年前、当時の仲井真弘…
  3.  沖縄自動車道の沖縄南インターチェンジ近くに建設中の「沖縄アリーナ」。最大1万人収容可能な…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ