横浜市で2/11&12日 海洋環境保護イベント 沖縄企業も連携

 
(プレスリリースより)

 沖縄県系の移住者が多いことで知られる横浜市鶴見区で、子どもたちを中心に海洋環境保護の大切さを伝え、考えてもらうきっかけにしようと、2月11、12の両日に鶴見区民文化センターサルビアホールで、「海洋環境保護」をメインテーマとしたイベント「つるみ・ちゅらうみ展2023」が開催される。ジンベエザメが泳ぐ沖縄美ら海水族館の大水槽「黒潮の海」を3Dで体感できる「3D Okinawa Churaumi Aquarium」や、沖縄の海の専門家がサメやイルカなど海の生き物について解説する特別授業など盛りだくさんの内容で、海の豊かさや楽しさに触れることができる。ワークショップの一部を除き、参加無料・申込不要。

「3D Okinawa Churaumi Aquarium」のイメージ(プレスリリースより)

 共催は、「ちむどんどん」横浜鶴見プロジェクト、鶴見区役所、鶴見区民文化センターサルビアホール。沖縄県と横浜市の企業などと連携して実施する。

 イベントではその他、マイクロプラスチックの採取体験などを通してプラスチックごみによる環境汚染を考えるワークショップ、海洋プラスチックごみを素材にしたオリジナルキーホルダー作り、サンゴの苗付け体験などを楽しむことができる。

 各コンテンツの詳しい時間や内容、定員、申し込みなどは以下のウェブサイトまで。
つるみ・ちゅらうみ展2023 ~美しい海をいつまでも。~ | 横浜市

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. センバツ出場を決め、報道陣を前にガッツポーズを見せる沖縄尚学のメンバー=1月27日、那覇市国場の沖…
  2.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  3. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  4.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  5.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ