沖縄復帰50周年で県がシンボルマーク オリオンビールも限定缶

 

沖縄県ホームページより

 沖縄の日本復帰50周年に向け、機運を高める動きが官民で広がっている。県は18日、節目の年を記念し、広く50周年をPRするためのシンボルマークを発表。沖縄の伝統芸能で使用される「花笠」をあしらい、直感的に沖縄をイメージできるデザインを採用した。オリオンビール(豊見城市)も50年前の瓶ラベルなどをモチーフにしたデザイン缶を数量限定で発売する。

花笠や海の波、沖縄を表現

 県のシンボルマークとなったのは東京都在住の村上正剛さんによる作品。青、赤、黄の3色を基調に「50」の数字を描いた。流れるような筆跡で書かれた「5」は沖縄の風や波、歴史の流れを表現し、「0」の円内には花笠をあしらった。

 公募に対して73人から125件の応募があり、選定委員会による1次審査で8件に絞られた。その後、一般投票による2次審査を経て、最も投票の多かった村上さんの作品に決定した。投票理由には「華やかかつシンプルで記憶に残りやすい」「シンプルなのに、ぱっと見て沖縄のこと、50周年の事が分かりやすくて好感が持てた」「地味になり過ぎず、沖縄らしい配色がいい」などがあったという。

「これからもこの島とともに」

オリオンビールのプレスリリースより

 オリオンビールが発売する限定缶(350ミリリットル)は3種類。いずれの缶にも「これからもこの島と共に」というメッセージを記した。

 一つは看板商品である「オリオン ザ・ドラフト」で、同社が50年前に販売していた瓶ラベルをモチーフにデザインした。クリーム色と赤を基調としたレトロ感漂う柄で、「オリオン生ビール」「限定復刻デザイン」と記されている。

 残る2種類はクラフトビールの「75BEER」と、名護産シークワーサーを使用した「75BEER-IPA 」。元々の色合いはそのままに、缶体にオリオンビール名護工場と1960年代の名護湾の風景を描いた。

 同社は「独自の歴史を歩んできた沖縄が今にいたるまで、オリオンビールは常に県民の『ココロオドル』瞬間の側にありました。人々の笑顔があふれるあたたかな食の場に、これまでもこれからもオリオンビールが寄り添って参ります」とコメントしている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  2.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  3.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  4.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で5連覇を果たし、5月13日には年間王者を争うチャ…
  5.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…

特集記事

  1.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  2. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  3.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ