沖縄振興予算、財務省が大幅減提示

 
沖縄県庁

 内閣府は21日、2022年度の沖縄振興予算について財務省が2403億円を提示したと明らかにした。これまで、沖縄県は3000億円台を求めていたが、非常に厳しい姿勢が示されたことになる。西銘恒三郎沖縄担当相は、22日に行う大臣折衝で増額を求めるとみられ、24日とされる予算案の閣議決定に向けて駆け引きが続きそうだ。

 沖縄振興予算をめぐっては、2013年に当時の安倍晋三首相が仲井真弘多知事に対して3000億円台を8年間継続すると表明している。今年度は、その最後の年に当たるため政府の判断が注目されていた。

 21日は、自民党の沖縄振興調査会(小渕優子会長)で内閣府が2022年度予算案について説明し、財務省の考えが示されたという。内閣府が8月に行った概算要求額2998億円から、大幅な減額となった。

 沖縄振興予算のうち、使途について県や市町村の自由度が高い「一括交付金」については481億円が示された。一括交付金は、これまでも減額傾向にあったが、前年度981億円と比べても半分以下の金額といえる。

 21年度は、1972年に沖縄が本土復帰してから5次にわたり続いてきた「沖縄振興計画」で現行計画が終わる節目にもあたり、県は次期計画の策定などを進めている。国は、「沖縄振興と車の両輪」ともいわれる政府系金融機関、沖縄振興開発金融公庫については存続させる方針を示したが、予算面では厳しい提示となった。

 来年は、1月の名護市長選、南城市長選を皮切りに、秋の知事選まで選挙が続く沖縄の「選挙イヤー」。政府が推進する米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について、沖縄防衛局の設計変更申請を県が不承認とするなど、国と県が対立する中、今後は政治の動きも注目となる。

(記事・写真・図 宮古毎日新聞)

■関連記事
沖縄振興予算 概算要求は2998億円 3000億円を下回る 
玉城沖縄県知事、初来県の松野官房長官に振興予算3000億円台を要望
沖縄振興開発金融公庫存続へ 政府方針

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵国場組大寛組琉球海運_広告

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ