沖縄振興予算、財務省が大幅減提示

 
沖縄県庁

 内閣府は21日、2022年度の沖縄振興予算について財務省が2403億円を提示したと明らかにした。これまで、沖縄県は3000億円台を求めていたが、非常に厳しい姿勢が示されたことになる。西銘恒三郎沖縄担当相は、22日に行う大臣折衝で増額を求めるとみられ、24日とされる予算案の閣議決定に向けて駆け引きが続きそうだ。

 沖縄振興予算をめぐっては、2013年に当時の安倍晋三首相が仲井真弘多知事に対して3000億円台を8年間継続すると表明している。今年度は、その最後の年に当たるため政府の判断が注目されていた。

 21日は、自民党の沖縄振興調査会(小渕優子会長)で内閣府が2022年度予算案について説明し、財務省の考えが示されたという。内閣府が8月に行った概算要求額2998億円から、大幅な減額となった。

 沖縄振興予算のうち、使途について県や市町村の自由度が高い「一括交付金」については481億円が示された。一括交付金は、これまでも減額傾向にあったが、前年度981億円と比べても半分以下の金額といえる。

 21年度は、1972年に沖縄が本土復帰してから5次にわたり続いてきた「沖縄振興計画」で現行計画が終わる節目にもあたり、県は次期計画の策定などを進めている。国は、「沖縄振興と車の両輪」ともいわれる政府系金融機関、沖縄振興開発金融公庫については存続させる方針を示したが、予算面では厳しい提示となった。

 来年は、1月の名護市長選、南城市長選を皮切りに、秋の知事選まで選挙が続く沖縄の「選挙イヤー」。政府が推進する米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設について、沖縄防衛局の設計変更申請を県が不承認とするなど、国と県が対立する中、今後は政治の動きも注目となる。

(記事・写真・図 宮古毎日新聞)

■関連記事
沖縄振興予算 概算要求は2998億円 3000億円を下回る 
玉城沖縄県知事、初来県の松野官房長官に振興予算3000億円台を要望
沖縄振興開発金融公庫存続へ 政府方針

 

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ