コロナ感染拡大注意報、沖縄本島北部5町村に発出

 
沖縄本島北部5町村へのコロナ感染拡大注意報発出を説明する玉城デニー知事=21日、県庁

 沖縄県の玉城デニー知事は21日、新型コロナウイルスで直近1週間の新規陽性者(人口10万人当たり)が25.78人となった沖縄本島北部の5町村に「コロナ感染拡大注意報」を発出すると発表した。また、在沖米軍基地内での大規模な感染について、日米両政府に基地内での変異株スクリーニング実施体制の早期構築など5項目を申し入れたことも明らかにした。

 注意報は国頭村、大宜味村、東村、今帰仁村、本部町が対象で、混雑した場所への外出や夜間の会食は控え、会食の際は4人以下2時間以内の実施、体調不良時は出勤・登校を控えることなどを求める。県は、北部地区での感染はデルタ株の流行によるものと分析している。

米軍キャンプ・ハンセンでの大規模感染207人に

 同日は、米軍キャンプ・ハンセンで発生している大規模な感染について、累計で207人が陽性と判断されたことも明らかになった。これまで、同感染ではゲノム解析が行われていないためオミクロン株によるものかは分かっていないが、県は同基地内でオミクロン株の感染が広がっているおそれがあるとみている。

 これまで、県内でオミクロン株の感染が確認されたのは4人で、いずれも同基地の関係者。県は、濃厚接触者の調査などを進めている。また、日米両政府に対して▽感染収束まで米本国等から沖縄への軍人、軍属の異動停止▽キャンプ・ハンセンに勤務する全ての軍人、軍属に対するPCR検査▽キャンプ・ハンセンに勤務する全ての軍人、軍属の基地外への外出禁止▽基地内で変異株スクリーニングができる体制の早急な構築―などを要請した。

 県の糸数公医療技監は、オミクロン株感染等の状況について「何とか調査し感染が濃厚な人の周りを封じ込めている。これが増えていくと調査から漏れて市中感染となり、あっという間に本島全体や離島に広がることが懸念される」との認識を示した。

 さらに、「軽症が多いという報道等もあるが、高齢者がかかると重症化し命に係わる場合もある。高齢者施設のワクチン(3回目)接種が始まる前に拡大すると大きな影響が懸念される」と述べ、県民に感染対策の徹底や、忘年会の回数を減らすなど人と接触する機会を作らずリスクを下げるよう呼び掛けた。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ