沖縄県、インフルエンザ警報を再び継続 発令期間は3週間連続に

 

 沖縄県は9日、県内でインフルエンザが流行しているとして、「インフルエンザ警報」を継続すると発表した。同警報の期間は3週間連続となった。県は、流行の拡大を抑えるため「手洗い」「マスク着用」「予防接種」を呼び掛けている。

 県では、県内の医療機関54カ所を「定点」として、インフルエンザの患者情報を週単位で収集している。県は、定点当たり患者数が1月15~21日の週に基準のる30人を超えたとして、今年度2回目のインフルエンザ警報を1月25日に発令している。

 1月29~2月4日の週は、定点当たり報告者数が41.00人で、前週(1月22~28日)の31.83人から28.8%増となった。

 保健所別の定点当たり患者報告数は、八重山保健所が 60.00人で最も多く、次いで中部保健所 49.56人、宮古保健所45.75人、北部保健所36.40人、南部保健所 34.36人、那覇市保健所 32.92人の順となっている。

 1月29~2月3日、県全体で93校が学級閉鎖などの措置を実施している。地域別では、沖縄本島北部が 9 校、同中部 50 校、同南部 20 校、宮古 6 校、那覇市が8 校。

Print Friendly, PDF & Email

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…
宮古毎日新聞

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ