選挙イヤー初戦 南城市は古謝氏が返り咲き 自公に追い風

 
古謝景春氏

 任期満了に伴う南城市長選挙は無所属・前職の古謝景春氏=自民、公明推薦=が当選し、一騎打ちを制した。2期目を目指す無所属・現職の瑞慶覧長敏氏=共産、立民、社民、社大、にぬふぁぶし、れいわ推薦=を1,689票差で破り、市政に返り咲いた形だ。

 選挙結果は以下の通り。

 古謝景春  13,028票
 瑞慶覧長敏 11,339票

 古謝氏は1町3村合併による南城市の初代市長に就任し、3期12年に渡って市政運営に取り組んだ。選挙戦では特産品を販売する「南城市地域物産館」のオープンや、児童館と図書館を兼ね備えた複合施設の設置など、市長時代の実績を強調。

 重点政策には野球場整備によるプロ野球球団誘致や福祉関連施設整備、デジタル都市構想特区申請、「こども課」「DX推進課」の創設を掲げた。

  当日有権者数は35,509人(男性:17,825人、女性17,684人)で、投票率は69.12%。2018年の前回市長選から2.2ポイントの増。期日前投票者数は13,136人(有権者の36.9%)で、市長選の期日前投票者数としては過去最多となった。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ