沖縄のワーケーション推進へ産官学金が一丸連携 協議会発足

 

 沖縄観光コンベンションビューローは11月17日、那覇市西のロワジールホテル那覇で沖縄県全体でのワーケーション関連の取り組み促進を目指して「沖縄リゾートワーケーション推進協議会」の設立シンポジウムを開催した。これまでに沖縄県内でも、各民間企業・団体などが独自でワーケーションの取り組みを進めていたものの、各所を連携してとりまとめる機関がなかった。産官学金の連携などで、新しい観光立県として一丸となってかじを取っていく。

ビジネス創出や地域課題解決にもつなげる

ワーケーションのイメージ画像

 ワーケーションとは、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語で、働きながら休暇も楽しむことを指す。新型コロナウイルスの影響でリモートワークが一般化した昨今、新しい働き方やライフスタイルの一つとして注目を集めている。地方創生の切り札として全国的にも促進の取り組みが進められている。

 共同代表に沖縄観光コンベンションビューローの下地芳郎会長、琉球大学の西田睦学長、沖縄県銀行協会の山城正保会長が就任した。設立は同日付で、会員は12月から募る。

共同代表の(左から) 琉球大学の西田睦学長 、沖縄観光コンベンションビューローの下地芳郎会長、加えて、沖縄県銀行協会の山城正保会長の代理で出席した沖縄銀行の佐喜真裕常務

 沖縄観光コンベンションビューロー企画施設事業部の内間康貴部長は「全県的な推進体制構築で、他地域に負けない観光立県としての動きとしていく必要がある」と設立の意義を話した。

 取り組みの柱として①必要な通信環境・拠点の整備②さまざまなスタイルでのワーケーションの構築③多様な産業への波及、産官学金の連携―を掲げる。特に観光立県の沖縄では、ワーケーションの促進で、長期滞在や観光消費額の向上などプラスの側面が生まれ、地域の活性化や経済的向上につながるとの期待がされる。

 さらに、産官学金の連携で、新たな学びの機会やビジネス創出の他、地域の社会課題解決まで可能性を広げる。

 沖縄県内では2020年度から、内閣府「沖縄テレワーク推進事業」が実施され、施設整備や活用支援などが進められている。

今後は「社員旅行がワーケーションに」

 観光マーケティングなどに詳しい玉川大学観光学部学部長の家長千恵子氏が基調講演を行った。家長氏は観光庁の調査結果を引用しながら「ワーケーションをする際には1週間程度滞在したいという人も多く、(距離的な制約が軽減される面で)関東圏からも沖縄に来やすい」と述べ、行き先として選ばれやすくなることを指摘した。また、経営者の約7割が社員などチームでのワーケーションに取り組みたいと考えていることから、需要の伸びを見込み「今後は社員旅行がワーケーションになってくるのでは」と予測した。

玉川大学観光学部学部長の家長千恵子氏

 質疑では、会場から「テレワークや長期出張だと会社の経費で落ちるが、ワーケーションとなると労災や旅費負担の問題が出てくる」との問題点が上がった。これに対し家長氏は「観光庁の制度で、ワーケーションの普及に向けたアドバイザー派遣がある。地域の受け入れ課題や企業側の要望などをすくい上げて共有しながら、制度作りに反映されるようになるはずです」と期待を込めた。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ