沖縄VTuber根間うい活躍中!国際通りを救うCD発売 県経済にも貢献

 

イベント司会などで「地方創生の一助に」

 現在、根間ういはバーチャルやインターネット上での活動だけでなく、イベントの司会などにも活躍の場を広げている。

 象徴的なものの一つが、昨年10月に開催された「ResorTech Okinawa おきなわ国際IT見本市 2020」の司会だ。IT見本市のコンセプトやオンライン活用が加速した社会背景も相まってVTuber・根間ういの存在感が際立った。他にも、オンライン開催となった昨年の「沖縄の産業まつり」や、今年夏の「一万人のエイサー踊り隊 2021 オンラインINバーチャルOKINAWA」の司会なども務めた。

 あしびかんぱにーXR・VTuber事業部長の佐橋直幸さんは「エイサーなどのイベントを開催できないままにするよりも、バーチャルで配信することで伝統文化を守っていくという意味合いも強いです。その中で根間ういが中心となって地方創生のモデルケース作りの一端を担っています」と話す。

「根間ういが地方創生の一助となっている」と話すあしびかんぱにーの佐橋直幸さん

 根間ういをはじめとしたVTuberは、パソコンやスマホの画面上での登場ではなく、店頭や会場に設置したディスプレイなどに映し出したり、3D投影装置を使ったりするなどして、リアル世界にも登場することができる。生身の人間ではなくVTuberがイベントの司会をすることについて佐橋さんは「バーチャルな存在が司会をしていると、物珍しさから注目も集めますよね」とその効果を語る。

ショッピングセンターに登場した根間うい(あしびかんぱにー提供)

 コロナ禍でさまざまな分野のオンライン化が進んだ2021年も残すところあと約2カ月となった。エンターテイメントもリアルとバーチャルの垣根を越えて、新たな県出身スターが誕生しようとしている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告大寛組国場組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ