沖縄VTuber根間うい活躍中!国際通りを救うCD発売 県経済にも貢献

 

401人からの支援で実現できたアルバム

 同作には、根間ういの魅力の一つである滑らかなハイトーンボイスが印象的なダンスチューン『青々』、県出身バンド「What at lazz」とコラボした疾走感あふれる『スタートダッシュ』など多彩な楽曲が詰め込まれている。

 今回のアルバム『Ui♡Okinawa』の発売は、多くの人の支援があってこそ実現できたものだった。「おきなわ部」のライブがコロナ禍で叶わなくなったため、バーチャルライブの開催に向けてクラウドファンディングで支援を呼び掛けていたところ、当初目標額の100万円をわずか3日間で達成。その先の追加目標としてアルバム制作が掲げられていた。最終的には401人から約436万円の支援が集まったことで、アルバムやミュージックビデオが完成した。バーチャルライブ時代には約1200人を動員した人気ぶりだ。

 根間ういは今作発売について「いつも支えてくださって本当にありがとうございます。応援に応えられるように頑張り続けます」とお礼の言葉を述べた。

 CD販売利益からの寄付を受ける国際通り商店街振興組合連合会の真喜屋稔理事長(イタリアントマトカフェジュニア代表)は、書面にて「(コロナ禍での)危機的状況の中、根間ういちゃんの活動によって今まで知られていなかった沖縄の魅力がたくさん伝わっていると思います」「国際通りの感染症対策や魅力発信などに役立てていきたいと思っております」と感謝した。

県経済にもすでに貢献

 今回のアルバムによる寄付だけではなく、すでに根間ういにはコロナ禍の沖縄に経済面でも貢献しているという実績がある。

 久米仙酒造と共同で作り上げたチョコレート泡盛のリキュール「ちょこもり」は、昨年秋に1000本限定で発売、2週間ほどで完売したことから、レギュラー商品としての販売が決まった。ことし8月にはちょこもりを提供するキッチンカーも登場し、那覇市のパレットくもじなどで展開している。

 新型コロナの影響で打撃を受けた国際通りのお土産店で、商品が大量に余って廃棄処分せざるを得ない状況に立たされた時は、根間ういが商品をSNSで全国に発信し、3週間ほどで約800万円分を全て売り切った救世主にもなった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  新型コロナウイルスの影響で国境を越えた移動が難しくなり、沖縄にほど近い台湾との交流も未だ…
  2.  2020年から継続して新型コロナウイルスの影響を直接受け続け、2021年も大きな打撃を受…
  3.  沖縄県教育委員会が琉球王国の外交文書集『歴代宝案』を中心とした歴史資料と、沖縄戦で失われ…
  4.  沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナ…
  5.    去年6月に結成された県内初の社会人アメリカンフットボールチーム「琉球ガーディア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ