玉城流いずみ会・又吉家元芸道70年 慰霊の日に込める「踊りは祈り」

 
玉城流いずみ会家元又吉静枝さん

 琉球舞踊団体「玉城流(たまぐすくりゅう)いずみ会」が6月23日の慰霊の日に琉球舞踊公演『千年の祈り』を開催する。その幕開けは親子で踊る鎮魂と平和をテーマにした創作舞踊。タイトルに込められた意味とともに、琉球舞踊における鎮魂と平和の形について探る。

疎開から戻る船上で踊る

 玉城流いずみ会家元又吉静枝さんは、芸道70周年を迎えた。年齢を感じさせない丁寧な踊りが印象的だ。「今日は稽古だからこんな格好でごめんなさい」と笑うが、上品な着物を見事に着こなす家元の気品を感じさせる。

 那覇市東町で生まれた又吉さんは、疎開する叔母(母の姉)を、母の腕に抱かれながら見送った。その叔母が乗った船は対馬丸であった。見送る船で見た叔母の姿が最後となってしまった。

 その後又吉さんは1歳から5歳までを疎開先の大分で過ごし、船で沖縄へ戻ってきた。船の中で乗り合わせた人が三線を弾き、又吉さんはそれに合わせて踊りを踊って見せた。踊りが楽しくてやめられず、母を困らせたという。母はその後、又吉さんを琉球舞踊道場へ通わせることにした。「母は自分で踊れなかったけど踊りが大好きだったから娘に習わせたのだと思います。」と語った。

糸満で厳しい舞踊指導

 沖縄に戻ってからは糸満に移り住んだ。又吉さんの母は糸満小学校の運動場の真向かいに雑貨店を開いた。糸満の港に届く品々を売って繁盛し、当時にしては割合裕福な生活だったという。

 最初の師匠・具志清健氏はとても厳しかった。

「私の目線が少しでも低ければ『ジノーウチテーウランドー(床に銭は落ちていないよ)』と叱り、目線が高ければ『エンチョーウランドー(天井にネズミはいないよ)』とまた叱る。稽古では何度もお尻を叩かれた」と振り返る。

 そんな厳しい指導でも全く気にせず、甲斐あって又吉さんは頭角を現し、小学生ながら様々な舞台へ駆り出された。やがて、具志氏の三線の師匠でウムニーターリーと呼ばれる又吉全敬氏に才能を見初められ「那覇の玉城先生の元に通ったほうがいい」と勧められ、浮島通り近くにあった玉城盛義道場へも連れて行ってもらうようになった。

最初の師匠具志清健氏(左から4人目)とウムニーターリー又吉全敬氏(同7人目)

玉城盛義師・玉城節子師との出会い

 糸満から那覇へ転居したのは中学1年の時。 又吉さんの後も四人の女の子を産んだ母は体調を崩し糸満で営んでいた雑貨店を閉め、家族7人で開南へ 移り住んだ。「父はバス会社に勤めており家族全員を養うのに必死で、生活が大変な時期だった」と述懐するが、それでも踊りをやめなかった。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ