【慰霊の日】沖縄ではタブー視されない「平和の歌」知花竜海インタビュー

 

 6月23日は、慰霊の日。沖縄のミュージシャンによる「青い海青い空だけではない沖縄の歌」をまとめたウェブサイト「沖縄メッセージソングまとめ」を2014年に立ち上げたミュージシャン・知花竜海さんに、未来を紡いでいくための“音楽の力”を問う。平和を歌う楽曲がチャートに並びづらい、一種のタブー感さえ漂う中「沖縄には平和を歌う若い声がたくさんあります」。沖縄だからこそ生まれ続けてきた「平和の歌」がある。

立場を超えて「一緒に音楽で遊ぼう」

 沖縄メッセージソングまとめには、90年代以降にリリースされたラップ、レゲエ、ロックなどを中心に約200曲が紹介されている。設立の経緯は2014年の沖縄県知事選挙にあった。「沖縄のことは沖縄の人が考えて、決めるべきだ」という思いから、投票を呼び掛ける意味で、沖縄の基地問題や戦争のことを歌う楽曲をまとめて可視化し、知ってもらうきっかけにしたいと考えた。

http://peace-music.org/matome/

 同様の取り組みは、それ以前にも名護市辺野古での野外フェスを通しても行ってきた。2006年にスタートしたイベントに自身は07年から関わり、2010年まで開催された。一方的に移設反対を叫ぶものではなく、賛成反対に関わらずまずは基地問題の現場に足を運んでもらって一緒に考えるきっかけにしたいという思いだった。ミュージシャンや音楽好きの仲間が集まり、実行委員会を作った。当初は地元の一部から、外部の人間が開催することに否定的な声もあったというが、2010年には区を通して区民に招待券と案内文を配布してもらうまでに至った。

 「賛成反対で分かれていないで、一緒に酒を飲んで音楽で遊ぼうぜ、というスタンスでずっとやってきていました」と当時を話す。今も思いは変わらない。「自分が守りたいのは、沖縄の尊厳です」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告大寛組国場組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ