沖縄唯一のサッカーアパレル店 Jリーガーも常連の魅力とは

 

 沖縄県内で唯一の「サッカーアパレルショップ」のSINE METU(シネメトゥ)。ラテン語で「恐れ知らず」という意味だ。宜野湾市大山。国道58号沿いにある同店にはユニフォームやスパイク、サッカー選手のフィギュアやサッカーゲームが並ぶ。まるでサッカー少年の部屋、はたまたサッカー部の部室のような空間。

 この、サッカー少年にとって夢のような空間を経営するのは義永龍さんだ。

 現役Jリーガーや県内外のサッカー関係者、はたまた海外からのサッカーファンも足を運ぶSINE METUの魅力や、サッカー少年だった義永さんのサッカーへの想いなどについて、同じくサッカー少年だったサッカー大好き芸人ぎぼっくすがインタビューする。

ロゴに込めた想い

 SINE METUでは、オリジナルブランドのTシャツやパンツの他、ビンテージのユニフォームをリメイクしたオリジナルグッズも取り揃えている。

ぎぼっくす:サッカーアパレルショップというのは沖縄で唯一のような気がします。

義永さん:20年以上も前ですが、サッカー系のTシャツやグッズを販売してるお店が那覇にありましたが、今はそういったお店はあまりないのかもしれません。

ぎぼっくす:お店のこだわりを教えてください。

義永さん:内装にもこだわりがありますが、ロゴにも意味が込められていて、サッカーを楽しむイレブンの足が隠されています。

ぎぼっくす:本当ですね!さすがサッカーアパレルショップ!

文字の端が足のフォルムになっている同店のロゴ

コーヒーも提供「気軽に来店してほしい」

ぎぼっくす:店内はコーヒーの良い香りがしていますね。

義永さん:うちはコーヒーも出してます。大きいお店だとふらっと立ち寄って見ることも簡単にできますが、ウチくらいの比較的小さな規模のお店だと、店内に入ると何か買わないといけないと思って入りづらいのかなと。コーヒーを飲むついでに商品を見る感じで、気軽に来店してほしいという思いでコーヒーを出しています。

ぎぼっくす:ソファーもあるしカウンター席もあってくつろげる空間ですよね。

義永さん:コーヒー屋さんだと思ってる人も結構います(笑)

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ