初恋クロマニヨン 「ネタは生命線」 沖縄賞レース覇者の緻密な戦略

 
初恋クロマニヨンの(左から)比嘉憲吾、新本奨、松田正

 漫才とコントの合計点で優勝者を決める、沖縄のお笑い総合王者決定戦「エッカ石油お笑いバイアスロン2021」(主催・琉球朝日放送)で2度目の優勝を果たし、9代目王者に輝いたトリオ「初恋クロマニヨン」。過去にはお笑いを「本気でやめることを考えた」という大きな挫折があった。勝つための秘策と、細部に渡るネタへのこだわりに迫る。

(提供=琉球朝日放送)

「『面白い!』とだけ言われたい」

 2019年に初優勝し、2連覇に挑んだ前年は同点決戦でルールに泣き2位に終わっていた。今大会では「圧倒的なパフォーマンスで『面白い!』とだけ言われたい」(比嘉憲吾)と王座奪還に向けて息巻いていた。

 1本目のコントは「会話のテリトリー」。地元の面倒な先輩が居酒屋で店全体を巻き込んでいく様を、先輩の田舎コンプレックスを突きながらいなしていくストーリーだ。
 2本目の漫才は「実家の犬の名前」。実家の犬の名前を決める単純なことに対し、ビジネス的な上下関係を織り交ぜて話を展開させていく。立ち位置を入れ替えながら、3人で掛け合うテンポの良さも際立った。

コント「会話のテリトリー」(提供=琉球朝日放送)

 コントを全体2位で折り返し、漫才でも順調に加点した。1位から3位がわずか4点差に収まるほどの接戦をものにした。松田正は「上位2組には入れるとは思っていたんですけど、2年前に優勝した時ほどの確信はありませんでした」と振り返る。

優勝のカギは2本目の「漫才」に

 3人にはただ‘演る’だけではない、緻密な戦略があった。

「それぞれの強みを持った今年の決勝メンバーを見て、どうしたら勝てるかを突き詰めました。出した結論は‘コントで手堅く点数を取って、漫才で逃げ切る’。これをいかに具現化するか、ずっとシミュレーションしていましたね」(松田)

「審査員の目線で考えると、これまでの印象を上回らないといけない、という気持ちはありました」(新本)

 同大会では、1本目であるコントの順位が低い順に、2本目の漫才を披露する。
「コントで高得点を取ると自ずと漫才の出番順は後半になります。立ち話芸である漫才が何本も続くと、お客さんもダレて来るだろうと。とにかく『目が覚めるような漫才をして印象を残す』ことを意識しました」(松田)
 漫才では、戦略的に立ち位置を入れ替えるネタを披露した。

漫才「実家の犬の名前」(提供=琉球朝日放送)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告前田鶏卵大寛組

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ