初恋クロマニヨン 「ネタは生命線」 沖縄賞レース覇者の緻密な戦略

 
初恋クロマニヨンの(左から)比嘉憲吾、新本奨、松田正

 漫才とコントの合計点で優勝者を決める、沖縄のお笑い総合王者決定戦「エッカ石油お笑いバイアスロン2021」(主催・琉球朝日放送)で2度目の優勝を果たし、9代目王者に輝いたトリオ「初恋クロマニヨン」。過去にはお笑いを「本気でやめることを考えた」という大きな挫折があった。勝つための秘策と、細部に渡るネタへのこだわりに迫る。

(提供=琉球朝日放送)

「『面白い!』とだけ言われたい」

 2019年に初優勝し、2連覇に挑んだ前年は同点決戦でルールに泣き2位に終わっていた。今大会では「圧倒的なパフォーマンスで『面白い!』とだけ言われたい」(比嘉憲吾)と王座奪還に向けて息巻いていた。

 1本目のコントは「会話のテリトリー」。地元の面倒な先輩が居酒屋で店全体を巻き込んでいく様を、先輩の田舎コンプレックスを突きながらいなしていくストーリーだ。
 2本目の漫才は「実家の犬の名前」。実家の犬の名前を決める単純なことに対し、ビジネス的な上下関係を織り交ぜて話を展開させていく。立ち位置を入れ替えながら、3人で掛け合うテンポの良さも際立った。

コント「会話のテリトリー」(提供=琉球朝日放送)

 コントを全体2位で折り返し、漫才でも順調に加点した。1位から3位がわずか4点差に収まるほどの接戦をものにした。松田正は「上位2組には入れるとは思っていたんですけど、2年前に優勝した時ほどの確信はありませんでした」と振り返る。

優勝のカギは2本目の「漫才」に

 3人にはただ‘演る’だけではない、緻密な戦略があった。

「それぞれの強みを持った今年の決勝メンバーを見て、どうしたら勝てるかを突き詰めました。出した結論は‘コントで手堅く点数を取って、漫才で逃げ切る’。これをいかに具現化するか、ずっとシミュレーションしていましたね」(松田)

「審査員の目線で考えると、これまでの印象を上回らないといけない、という気持ちはありました」(新本)

 同大会では、1本目であるコントの順位が低い順に、2本目の漫才を披露する。
「コントで高得点を取ると自ずと漫才の出番順は後半になります。立ち話芸である漫才が何本も続くと、お客さんもダレて来るだろうと。とにかく『目が覚めるような漫才をして印象を残す』ことを意識しました」(松田)
 漫才では、戦略的に立ち位置を入れ替えるネタを披露した。

漫才「実家の犬の名前」(提供=琉球朝日放送)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ