亡き父の”思い”継ぎ 39歳若き会長、目指す「沖縄から世界王者」

 

 北谷町砂辺。国道58号の嘉手納基地第一ゲート前から一つ路地に入った住宅街にミットを叩く乾いた音、若きボクサーたちの気迫あふれる声が響き渡るジムがある。1993年設立の「沖縄ワールドリングジム」。初代会長の中真茂(なかま しげる)氏は、元東洋太平洋スーパーバンタム級王者で3度世界戦に挑んだ仲里繁(なかざと しげる)氏、息子で東洋太平洋スーパーフェザー級のタイトルマッチを戦った中真光石(なかま こうせき)氏などを育てた。まだ無名だった頃の世界的スター、マニー・パッキャオの才能を見出し、沖縄ワールドリングへの所属が決まりかけたこともある。

 その初代会長は3年前、心筋梗塞のため65歳で急逝。トレーナーを務めていた息子の光石氏が現在2代目としてジムの運営や選手の指導に当たっている。

父の急逝も「ジム閉める気はない」

 自身も中学からボクシングを始め、沖縄尚学高・東洋大でのアマチュア時代、そして世界ランカー入りし、東洋太平洋の王座に挑んだプロ時代の経験を後進に役立てている。

 中真「(2014年の)東洋太平洋タイトル戦で負けてから1、2年現役を続けるか迷いながらトレーナーをしていました。いずれはジムを継ぐつもりでセコンドの技術やマッチメイクについて勉強していくつもりでしたが(父親の急逝で)会長をやるしかなかった。ジムを閉める気はありませんでした」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  甲子園球場では高校野球のセンバツ大会がスタートし、球児たちの春が帰ってきた。一方…
  2. 飼い主様を探しています!見覚えのある方はDMまたは沖縄動物愛護管理センターのホームページま…
  3.  新型コロナの影響でタイトルをかけた決戦のリングにすら上がれなかったプロボクサーがいる。H…
  4.  卓球Tリーグチーム琉球アスティーダを運営する「琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社」と…
  5.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告大寛組国場組

特集記事

  1.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
  2. 「県の対応が短いスパンに基づいた判断での医療施策に偏りすぎており、宿泊業や観光関連業が取り…
  3. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ