亡き父の”思い”継ぎ 39歳若き会長、目指す「沖縄から世界王者」

 

 北谷町砂辺。国道58号の嘉手納基地第一ゲート前から一つ路地に入った住宅街にミットを叩く乾いた音、若きボクサーたちの気迫あふれる声が響き渡るジムがある。1993年設立の「沖縄ワールドリングジム」。初代会長の中真茂(なかま しげる)氏は、元東洋太平洋スーパーバンタム級王者で3度世界戦に挑んだ仲里繁(なかざと しげる)氏、息子で東洋太平洋スーパーフェザー級のタイトルマッチを戦った中真光石(なかま こうせき)氏などを育てた。まだ無名だった頃の世界的スター、マニー・パッキャオの才能を見出し、沖縄ワールドリングへの所属が決まりかけたこともある。

 その初代会長は3年前、心筋梗塞のため65歳で急逝。トレーナーを務めていた息子の光石氏が現在2代目としてジムの運営や選手の指導に当たっている。

父の急逝も「ジム閉める気はない」

 自身も中学からボクシングを始め、沖縄尚学高・東洋大でのアマチュア時代、そして世界ランカー入りし、東洋太平洋の王座に挑んだプロ時代の経験を後進に役立てている。

 中真「(2014年の)東洋太平洋タイトル戦で負けてから1、2年現役を続けるか迷いながらトレーナーをしていました。いずれはジムを継ぐつもりでセコンドの技術やマッチメイクについて勉強していくつもりでしたが(父親の急逝で)会長をやるしかなかった。ジムを閉める気はありませんでした」

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  2.  沖縄のプロサッカーチームFC琉球のJ2昇格2年目のシーズンが終わった。22チーム中16位…
  3.  90年代、「DA.YO.NE」の楽曲でヒップホップ初のミリオンセラーを記録、紅白歌合戦出…
  4.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  5.  白・赤・青カラーのミニスカートワンピースに、夏らしさを感じさせるサンバイザー。「真夏にビ…

特集記事

  1.  緊急事態宣言が再発出される直前の1月7日、羽田空港からスカイマーク613便に乗って下地島…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ