沖縄初タラソエステの波乱万丈 (株)リポースカンパニー粟國代表

 

 海水、海藻、海泥などを用いて行う自然療法「タラソテラピー」。沖縄で初めてタラソテラピーをエステティック風にアレンジして取り入れたのは、那覇市泉崎にある株式会社リポースカンパニーの粟國淳子代表(58)だ。

 1991年、那覇市のマンションの1室で、たった1人で看板を立ち上げて30年。「自分なりの売りかた、仕事の進め方で成功させる」。ブレない芯の強さで、お客のニーズに合わせた施策を打ち出し、今では、スパサロンを県内5店舗、石川県、山梨県、静岡県に構え、化粧品を販売するコスメカウンター3店舗・温泉施設2店舗(いずれも県内)に業務を拡大している。

 子育てとの両立、従業員の横領、パートナーとの死別、コロナ禍の生き残り戦略ー。粟國代表に、変遷と今後の展望を聞いた。


 財全GROUP PRESENTS「Build The Future」。本特集では、財全GROUPが沖縄の未来を築く輝かしい人びとを紹介しています。


28歳、マンションの1室で1人で開業

 もともと、メイクアップアーティスト志望だった。新卒で大手外資系化粧品会社へ就職し化粧品を扱う部署に配属された。約3年勤めたのち一度帰沖し香水輸入会社へ転職。売り上げを立てる社員として充実な日々を送っていたが、「仕事の規模を広げてより大きな数字を生み出す仕事がしたい」と物足りなさを感じて再び上京。大手外資系メーカーで更なる知見を広げた。

 1年ほど経過し「自分で事業を起こすなら化粧品販売ではなく、技術が必要」と感じ、エステティシャンへの転身を決めた。同僚が悠々自適の生活を送る中、毎月5万円を貯金。有休を活用しメーカーで研修を受けて技術を習得。28歳で自分の店を持った。

開業5年で3店舗。子育てとの両立も奮闘する日々

 「予約が取れて早い」。大手エステサロンに予約が殺到し脱毛が受けられない客層があることを知り、確実に予約が取れてスピーディーに仕上げる戦略で顧客を獲得していった。 創業翌年、第一子を出産。帝王切開だったが約9日間で現場に復帰した。家族の助けを借りながら、会社を軌道に乗せるのに必死だった。

 お客様を第一に考えた接客で、客が客を呼ぶようになり人の輪がしだいに広がっていった。この頃には、170万円/月の売上げを立てていた。

 「立上げから8年目まで、来月が読めない状態だった」と創業当初を振り返る。社会の変化や若い人が何を望んでいるかをいち早く察知し、堅実に業績を伸ばしてきた。市場や顧客の新しいニーズを見極める目利きとブレないビジネス路線で生き残ってきた。気づけば、立上げから5年で3店舗まで拡大していた。「若くて勢いがあった」と笑う。

タラソテラピーサロンをOPEN

 タラソテラピーを始めたきっかけは、東京でもまだ市場に出ておらず、機械を扱っていたのは伊勢志摩(三重県)の施設のみ、ということを東京研修で知ったからだった。「沖縄には海がある。一番合っている」と直感で決断し、研修の足で伊勢志摩まで話を聞きに行った。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ