抽選で石垣島旅行贈呈 ワクチン接種率アップ目指す 浦添市 

 
ワクチン接種率向上キャンペーンをアピールする松本浦添市長(左)ら=9月30日、沖縄県浦添市役所

 沖縄県浦添市の松本哲治市長はこのほど、同市役所での会見で、新型コロナウイルスワクチン接種率向上キャンペーン ~ワクチンありがとう!石垣島~ を実施すると発表した。松本市長は「ワクチン接種促進により、市民が安心、安全な生活を一日でも早く取り戻せることを期待したい」と述べた。

 キャンペーンでは、同市内の集団接種会場や個別医療機関で10月から新規接種し、11月までに2回目接種を終えた市民を対象に、抽選で50人に石垣島1泊2日のホテルパックを贈る。アストラゼネカ製ワクチンの場合は、2回目接種が1回目の8週間後となるため、10月中に1回目の接種を終えた市民が対象となる。

 同市では、市民のワクチン接種を加速させるとともに、市内の旅行代理店や事業者への支援の取り組みとしている。財源には、国の地方創生臨時交付金を活用する。

 市へのワクチン供給が、当初計画より大幅に減少することが懸念されていた際、集団接種を9月9日に終了した石垣市から、余剰ワクチンの一部(2340回分=1170人分)が提供されることが決まったという。その返礼として、今回のキャンペーンが企画された。

 市のワクチン接種率は、9月28日現在で1回目が61.8%、2回目が48.0%。市では、国や県が示す11月末までに70%の目標値を掲げる中、接種率向上を図る必要があるとしている。

 対象者は、接種を終えたと同時に、自動的に応募した形となる。抽選の上、12月上旬には当選者に特典を発送するという。松本市長は「より多くの方にワクチン接種をしてもらい、全体で接種率を上げていくことで、経済活動や日常生活の回復に向けた第一歩にしたい」と語った。

 詳しい問い合わせは、同市健康づくり課 TEL098(875)2100まで。

■関連リンク
なぜ浦添市はワクチン増配を強く求める?鍵は「沖縄県の計算式」

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ