海ぶどうが「big mam」!? 福祉支援で観光資源を社会資源へ

 
「波と風と」の代表・森田直広さん

「観光資源を社会資源に」

 1年ほど前から、うるま市にある離島・宮城島で海ぶどうを養殖し販売している森田直広さんが取材のやりとりの中で発した印象的な言葉だ。普段は飄々として、訳のわからない冗談を止めどなく連発しているが、この時は真顔になった。自身で立ち上げた合同会社「波と風と」でうるまの海が育む海産物を販売し、その売り上げの一部をさまざまな福祉活動の支援に充てている。

個性的な商品でさまざまな支援

 「特に海ぶどうに興味があったわけではないんだよね」と、いきなり突っ込みを入れたくなるようなセリフから語り始めた森田さん。かつて琉球大学の海洋自然学科で海藻の研究をしていたという理由で、廃業して放置されていた海ぶどうの養殖場を知人から紹介されたという。それが「波と風と」を始めるきっかけだった。

「ビーチのすぐ目の前で、ロケーションもすごく良いなと思ってやろうと決めた。正直言って、大学で勉強したことは現状では特に役立ってないかな(笑)」

 現在の商品ラインナップは5種類。それぞれの特徴に合わせてユニークな名前がつけられており、さらに商品ごとに寄付先が分けられている。長く大きく育った海ぶどう「big mam」はひとり親支援、早摘みの短く小さな海ぶどう「tiny baby」は子ども支援で、塩漬けにした旬のもずく「shy grandpa」と丁寧に処理した乾燥アーサ「dancing grandma」は高齢者支援、そして海ぶどうを乾燥させて作った天然塩「green caviar salt」は海の保全活動支援といった具合だ。

「波と風と」の商品ラインナップ
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ