海ぶどうが「big mam」!? 福祉支援で観光資源を社会資源へ

 

楽園じゃない沖縄の側面

 売り上げを通じて社会活動を応援しようと考えたのは、以前の仕事で行政や1次産業、そして福祉事業に携わったからだった。

 東京出身の森田さんは琉大への進学のために沖縄を訪れ、卒業後一時は県外に出ていたものの、7~8年前に再び沖縄に舞い戻ってきた。その頃は糸満地域の魅力に惚れ込み、仕事で行政と連携しながら福祉のプロジェクトにも参加していたという。
 その中で、福祉事業そのものや生産者の高齢化が進む農業が、あまりにも「お金にならない」現状を目の当たりにしたことが下地にあり、今につながっている。

「沖縄県は『観光立県』ということを言っている。そうであれば、観光の側から沖縄で困っている人たちを支援していけないかと思って。観光資源を一定数は地元の社会資源に還元していくということかな。うちの海ぶどうを手に取った色んな人たちに、楽園のような南国イメージだけではない沖縄の側面も知ってほしいという思いも込めている」

宮城島の波と風を全国に

 森田さんは「実は海ぶどうは放っておいても育つ」と言い放つ。が、その一方で「商品として育てるのは難しい」という。

 海ぶどう独特のプチプチがある“房”の部分がポイントで、この部分をぎっしりとした形で育てることが重要になる。養殖を始めたばかりの当初は、何となく育てたらそれなりに育ったので「できたことに喜んだ」。しかし、房の部分がスカスカになったり、全体が細かったり、色が白くなったりするなど、なかなか上手くいかず他の生産者の商品と比べた時にかなりの違いを感じ、改善の必要性を痛感した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組国場組前田鶏卵

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ