日本最南端の海開き! 竹富島は早くも夏、初泳ぎを楽しむ

 

 勢いよく海に駆けていく子ども達の姿に、ひと足早い夏のはじまりを実感する。「日本最南端!八重山の海びらき2021in竹富島」(八重山ビジターズビューロー主催)が3月20日(土)に竹富島のコンドイ浜で行われた。

 「八重山諸島」は、沖縄の石垣市、竹富町、与那国町の島々を指す。「八重山の海開き」は3自治体で毎年開催場所を交代しながら行い「日本最南端の海開き」として親しまれている。竹富島での開催は11年ぶりになる。八重山への夏の訪れを全国にアピールしつつ、海の安全を祈願した。

はじける子どもたちの笑顔

 海開きの前には、竹富島の神司(かんつかさ)による海の安全祈願や、竹富小中学校の児童生徒による「海開き宣言」が行われた。25℃を超える夏日の下、今か今かと待ち構える子ども達。テープカットが行われ、海に走っていき、海上に浮かぶフルーツを拾い集める「海上収穫祭」を楽しんだ。抱えきれないほど集める子や、水しぶきをあげながら初泳ぎに夢中な子。
 コンドイ浜は沖まで浅瀬が続き、波がほとんどなく、透明度が高い。子どもたちが楽しむ様子を、親たちも安心して見守っていた。

海上収穫祭に笑顔の子どもたち

 さらに、人々の頭上に海上保安庁のヘリコプターがやってきた。ぐるりと周り、窓から手を振る。「こんなに近くで見たのは初めて!」と、迫力ある光景に会場が湧きあがった。「初泳ぎの証」を大切そうに受け取っていた子ども達の姿も印象的だった。

竹富小中学校の児童生徒による海開き宣言
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ