経済損失6482億円、外国人客は0に 新型コロナと沖縄の1年

 


 新型コロナウイルス感染症が社会のあらゆる事象を一変させた2020年。沖縄県内でも2月に初めて感染患者が確認され、次第に増加。世界的に経済活動が停滞し、沖縄を訪れる観光客数は激減した。低迷する経済の活性化と感染防止をどう両立させるかが、来る年も最大の課題となる。

感染者は5000人を超える


 2月1日、後に集団感染が発生するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号が那覇に寄港した。乗客が下船し利用したタクシー運転手の女性が新型コロナに感染し、県内初の事例となった。

横浜港に停泊する「ダイヤモンド・プリンセス」号

 3月下旬の3連休後からほぼ連日感染者が確認されたが、4月中旬に政府が緊急事態宣言の対象を全国に拡大。4月30日の県内142人目を最後に、5月、6月と沖縄の感染者は0に抑えられた。


 夏になり収束に向かうかと思われたが、7月下旬の4連休後に再び感染が増え出した。8月には沖縄の1日の感染者数が100人を超える日もあり、介護施設や病院、飲食店などでのクラスターが次々と発生。7月22日以降は日々感染者が確認されている。12月29日までの感染者数は合計5260人に上り、81人が亡くなった。

 対策に奔走してきた沖縄県医師会の医療関係者は「連休後には必ず感染者が増えるという傾向があることからも、人が集まったり移動が増えたりすると感染は拡大する。観光客が県外から沖縄に持ち込んでいると思われがちだが、実際には県民同士の飲み会などから家庭にウイルスが持ち帰られ、広がっていくケースは多い」と振り返る。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組国場組前田鶏卵琉球海運_広告

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ