琉球史上で最も重要な地は北中城⁉︎ 私的考察

 
ナスの御嶽

 これまでにも琉球国の国王シリーズをいくつかお届けしているが、琉球の正史における最も古い王として広く認知されているのが「舜天王」という人物である。(それ以前の天孫氏王統については架空説が強い)

 舜天は、浦添グスクを居城として勢力を振るったと伝えられている。ちなみに浦添という地名は「津々浦々を襲う(支配する)」という意味を語源としている。

 ということは、舜天は正史における浦添グスクを居城とした初の王。故に、浦添てだこ祭り「三大王統祭り」にも登場するほど浦添に所縁の深い王として伝えられてきている。

 三大王統祭りというのは、舜天王統、英祖王統、察度王統が浦添を拠点としていたという歴史に基づき、三代王統を誇り敬う目的の浦添最大のお祭りだ。

 しかし今回、その定説を覆すかのような私的な考察をしてみたいと思う。

ナスの御嶽と義本王妃の墓

 まず、歴史を紐解く際にとても重要になってくるものの一つとして「御墓・王陵」がある。

 浦添三大王統の墓に注目をすると、一つの疑問が湧いてくる。琉球初の王「舜天」、そしてその子である「舜馬順煕」、さらにその子である「義本」という三人(舜天王統三代王)は浦添を拠点としていたと言われているのだが、彼らの墓は浦添には存在しない。

 どこにあるかというと、実は「北中城(戦前までは北中城と中城は同じ中城村である)」なのだ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3 4

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組前田鶏卵琉球海運_広告国場組

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ