琉球史上で最も重要な地は北中城⁉︎ 私的考察

 

 戦後アメリカ軍高官向けの立派な住宅が立ち並んだことから、かつて沖縄のビバリーヒルズと呼ばれた北中城仲順の丘上に、彼らの墓と言われたり彼らを祀っていると言わたりする「ナスの御嶽」が存在し、地元でものすごく神聖な場所とされている。最近では、そのナスの御嶽を訪れる歴女の姿も見かけるようになっており、今後人々の関心度の高まりを期待させる。

 一説によっては、ナスの御嶽には舜天、舜馬順煕のみが眠っており、義本に関しては王位を英祖に譲った後に放浪して彷徨い、この仲順の地で「仲順大主」という長に匿われたであるとか、彷徨い続けて国頭村の辺戸に辿り着き、辺戸に義本の墓があるといわれたりもする。

辺戸の義本王墓

 さらにはこの仲順の森の中に「義本王妃の墓」と呼ばれる「うなじゃらうはか」というかなり厳かで立派な墓もあり、そこにこそ義本は眠っているのではという説もある。確かに、その「うなじゃらうはか」を目の前にすると、あまりの厳かさに王妃の墓の域を超えている気がしてならない。

うなじゃらうはか

 とにかくこの王陵数々の存在から見てみても、舜天王統の三王は浦添というよりも北中城仲順を重要拠点にしていたのではないだろうかと思えてならない。その結果、三王とも北中城の地に眠り、今でも地元の人々から大事に祀られているのではないかとも思えてくるのだ。

仲順大主とは一体誰?

 先ほども名前が出てきた仲順集落の創健者である「仲順大主」とは一体誰なのか。彼の存在が、今後の舜天王統解明に際し大きなキーポイントになってきそうである。

 仲順と聞けば、ウチナーンチュならすぐ思いつくものがあるはずだ。そう、エイサーの最たる代表曲、誰もが間違いなく一度は聞いたことがあるであろう「仲順流り」。

仲順公園の仲順流離の碑

 実はこの「仲順流り」という唄は、仲順集落の仲順大主を讃えた内容の唄なのである。遥か昔から現代にまで伝承され続けていることからも、村の人々に慕われ続けた大層高貴な人物だったことが分かる。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3 4

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵琉球海運_広告国場組大寛組

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ