DOKUTOKU460 沖縄を誇るアーティスト、今後の海外展開は?

 
株式会社DOKUTOKU460代表・城間英樹さん

 昨年の今頃は「沖縄から世界へ」という言葉が飛び交い、インバウンドビジネスや海外進出に向けたビジネスなどが至るところで立ち上がっていた。

 だが新型コロナウイルス感染拡大により、計画が大きく崩れてしまった企業も多いのではないだろうか。実際にインバウンドを対象としていた飲食店の不況や、海外進出の見送りを耳にする機会が増えた。

 海外進出に不利と思われる事象が続く中、現在も着々と海外進出を進めている人がいた。株式会社DOKUTOKU460(ドクトクヨンロクマル)代表・アートディレクターの城間 英樹(しろま ひでき)さんだ。

 城間さんは、沖縄でデザイン活動を行う傍ら、あらゆる海外企業とライセンス契約を結び、コロナの影響を受けることなく今後の展開に向けて準備を進めているという。

 そもそもキャラクターデザイン界の海外進出はどのようなものなのか、そしてコロナ禍で海外展開が低迷する企業が相次ぐ中、なぜ城間さんは着々と進行できているのかなどをうかがった。

城間さんのキャラクターが海外から人気の理由

 城間さんはこれまで、ジンベイザメやマナティモチーフでおなじみの「RED BOOTS(レッドブーツ)」や、ブルドッグのブサ可愛さをコミカルに表現した「BUDOG (ブドッグ)」などオリジナルキャラクターの創出をはじめ、沖縄のプロバスケットチーム「琉球ゴールデンキングス(ゴーディー)」やプロサッカーチーム「FC琉球(ジンベーニョ)」のキャラクターデザインなど、制作を通して沖縄を盛り上げてきた。

 聞くと会社立ち上げ当時から、城間さんは次の展開を考える上で「東京進出」ではなく、まず「海外展開」を念頭に行動していたという。

 「ブランドの展開を考えたとき、沖縄から東京に行くと『ローカルデザイナーが来た』という目線で見られがちです。ですが、沖縄から海外だと『メイドインジャパン』としてフラットに評価されると思い、最初から海外を狙っていました」

 そして最初の海外展開へのきっかけは、ブルドックモチーフのキャラクター「BUDOG」の商品化を機に、「アートトイ(いわゆる玩具屋さんが作ったトイではなくアーティストがデザインしたトイ。主にアジア諸国から人気が高い)」として発表したことだった。発表後は、アジア諸国のバイヤーから多くの声がかかったという。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  甲子園球場では高校野球のセンバツ大会がスタートし、球児たちの春が帰ってきた。一方…
  2. 飼い主様を探しています!見覚えのある方はDMまたは沖縄動物愛護管理センターのホームページま…
  3.  新型コロナの影響でタイトルをかけた決戦のリングにすら上がれなかったプロボクサーがいる。H…
  4.  卓球Tリーグチーム琉球アスティーダを運営する「琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社」と…
  5.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵国場組大寛組琉球海運_広告

特集記事

  1.  「コロナを経てライブはこれまでのように元通りになるはずがないと思う。ただし、良い意味で。…
  2. 「県の対応が短いスパンに基づいた判断での医療施策に偏りすぎており、宿泊業や観光関連業が取り…
  3. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ