万座毛 有料になった今だからこそ、もう一度その魅力を

 

 さらに言えば!恩納村の偉人としては「護佐丸」が有名だが、実は「恩納ナビー」という一人の若い娘、農家の子でありながらも琉歌の達人、今で言うところの歌姫とも言える娘がいたのだ。

 先に述べた尚敬王の万座毛立ち寄りの際にも、即興で歌を作っては喜ばれたと言われ、特に恋の歌を歌うことに長けており、現在でいうならば『安室奈美恵』的な存在だったかもしれないのだ。

 このように、今にも再び華が咲き出しそうな恩納ナビーにもまだスポットの当てどころがあると思うし、ナビーの歌った琉歌の歌碑が万座毛であったりその近隣に建っていたりもするので歌碑巡りも期待できる。

 万座毛入り口に酒造所を構える恩納酒造では、「ナビー」という銘柄の泡盛シリーズもあり、万座毛すぐ隣には「ナビービーチ」という市民ビーチもある。

 「恩納村 x 琉歌」という特徴を活かして、万座毛でも琉歌イベントを行ってみたり、恩納だけに女型をフューチャーした組踊や琉球舞踊の舞台であるとか、現代版「もーあしびー」や「恋の琉歌アタック大作戦」など、遊び感覚イベントを今後ぜひ期待したいところだ。

 恩納村だけに、キーワードはやっぱり女なのであろうか。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

池村 純

投稿者記事一覧

沖縄情報英字ウェブマガジン Okinawanderer、外国人向けライフスタイルサイト Okistyle を運営する(株)琉球プレスの代表。日々外国人と民間業者および県民との接点を作り出すコーディネーター、コンサルタントとしても活動。2018年より毎週火曜日午後7時台エフエム沖縄『Share TIME』にボス・イケムラとしても出演し、沖縄の隠れた魅力を発信中!

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ