万座毛 有料になった今だからこそ、もう一度その魅力を

 

 さらに言えば!恩納村の偉人としては「護佐丸」が有名だが、実は「恩納ナビー」という一人の若い娘、農家の子でありながらも琉歌の達人、今で言うところの歌姫とも言える娘がいたのだ。

 先に述べた尚敬王の万座毛立ち寄りの際にも、即興で歌を作っては喜ばれたと言われ、特に恋の歌を歌うことに長けており、現在でいうならば『安室奈美恵』的な存在だったかもしれないのだ。

 このように、今にも再び華が咲き出しそうな恩納ナビーにもまだスポットの当てどころがあると思うし、ナビーの歌った琉歌の歌碑が万座毛であったりその近隣に建っていたりもするので歌碑巡りも期待できる。

 万座毛入り口に酒造所を構える恩納酒造では、「ナビー」という銘柄の泡盛シリーズもあり、万座毛すぐ隣には「ナビービーチ」という市民ビーチもある。

 「恩納村 x 琉歌」という特徴を活かして、万座毛でも琉歌イベントを行ってみたり、恩納だけに女型をフューチャーした組踊や琉球舞踊の舞台であるとか、現代版「もーあしびー」や「恋の琉歌アタック大作戦」など、遊び感覚イベントを今後ぜひ期待したいところだ。

 恩納村だけに、キーワードはやっぱり女なのであろうか。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3


関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ