興南高校野球部監督・我喜屋優さん(下) 沖縄・野球人伝説③

 

 するとその冬のトレーニングは効果てきめん。春にはレギュラーを獲得。人口2万人ほどの小さな町のチームとして、社会人野球の2大大会「都市対抗」で優勝、「日本選手権」で準優勝、どんな環境、状況でも逆境を味方に付けて勝てることを証明した。

 現役引退後はチームの監督となり、雪国で勝つノウハウを伝授。田中将大投手出身の駒大苫小牧高校野球部の香田誉士史(よしふみ)監督が、我喜屋監督の教えを請うてチームを優勝に導いたのは有名な話である。

 北海道で30年ほど過ごしそろそろけじめを付けようというタイミングで、興南高校から声がかかった。野球ばかりで家庭に関してほとんど任せっきりの奥様に反対されるかと思いきや「いってみたらどうなの?」と背中を押された。北海道出身の奥様を地元に残し、単身で行くつもりが「沖縄の良さを堪能する。ダイビングも楽しみます」と言われて夫婦で沖縄へ向かった。

ベンチからサインを出す我喜屋監督。2020年の県大会準決勝で

人間力を鍛えることで野球の質が変化

 気持ちも新たに母校に戻ると・・・野球部の寮をみて愕然とした。部屋は汚い、カビ臭い、食事もだめ。これでは勝てない。まずは生活態度の見直しからと、自分も寮に入り、遊びつくすと豪語した奥様は寮母になった。朝6時に起き、散歩しながら五感を鍛え、そして1分間スピーチ。周りを観察し変化に気づき人に伝えることは、己を知り、欠点を見つけ、進化する事に繋がっていく。人間力を鍛えることで野球の質がどんどん変化していった。

 2010年、人間力の集大成、大人の野球で沖縄初の春夏連覇を果たした。「あのチームは他の学校からもう勝てないと言われていた。技術云々より選手たちの心の根幹が大人だった。そしてとても謙虚で自分たちで考えて行動していた」。目に見えない努力を重ね、人に感謝し、うぬぼれない心が優勝に繋がった。深紅の優勝旗を手にし、大勢の県民が大きな拍手で、選手のおじぃばぁたちが涙を流して迎えてくれた那覇空港。「勝った喜びより、みんなの笑顔を見たことが何より嬉しかった」。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組国場組前田鶏卵琉球海運_広告

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ