琉球ブルーオーシャンズ 新たな挑戦で地域に根づいて欲しい

 
ネット裏左から勝崎耕世コーチ・清水直行監督・北川智哉代表

 沖縄初のプロ野球球団として2019年に発足した琉球ブルーオーシャンズ。しかし、新型コロナウィルス感染のために、予定していた活動がほとんど出来ずに2年目を終えようとしている。

 しかも、今年は選手・スタッフの規制違反や不透明な球団方針など、ネガティブなニュースばかりが流れ、「一体何をしているのか?」「資金はどうしているのか?」「日本野球機構ではなく台湾リーグ参入なのか?」と、SNS上でもマイナス意見が飛び交った。12月11日、沖縄市のコザしんきんスタジアムでトライアウトが行われると聴き、そこで北川智哉代表取締役に直接疑問をぶつけてみた。

全てがシャットアウトされた


 発足当初は、「沖縄の地をリスペクトし、県民と共に歩み繁栄し、NPB入りを目指すこと」また「プロアスリートの人生を豊かにするために、セカンドキャリアを応援すること」を目的としてスタートした。コロナ禍で思い通りに進まない中、今年の6月には、NPBに参入よりも、地域貢献へとシフトしていくと話し、行動に移したものの、夏場のコロナ感染者増加のために、予定していたファンサービス、野球教室等のイベントも直前に開催市からの中止を要請され中止した。

 見込まれていたスポンサー収益も得られず数千万の赤字、「お客様を入れられない、開催できない、中でもこの時が一番きつかった」と北川社長は弱音を漏らした。

 「離島なので、全てがシャットアウトされ、相手チームも呼べない、野球の楽しさを子どもたちに知ってもらう機会も作れない、公共施設を利用しているため、県や市からの要請に従うしかないんです」と嘆いた。

トライアウトでは走力測定20メートルダッシュも

 挙げ句、九州遠征時にはクラスターを発生させ、世間から大いに叩かれた。それでも、続ける理由は、どこにあるのか?

 「辞めちゃえば楽なんです。でも、この状況でも応援してくれる一口オーナーがいる、今日みたいに球場を貸してくれる沖縄市や、ふるさと納税返礼品に公式グッズを出してくれる宜野湾市、練習場を貸してくれる浦添市などの自治体もいる、その気持ちに応えたくて`なんとかやっていこう“って思って奮い立たせるんですよ」

 そう苦しい胸の内を話してくれた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ