FC琉球が9試合ぶり白星! ナチョ新監督体制下で初勝利 盛岡に1-0

 
盛岡戦で指揮を取るナチョ・フェルナンデス監督=7月7日、岩手県のいわぎんスタジアム(FC琉球提供)

 サッカーJ2のFC琉球が9試合ぶりに白星を挙げた。

 6日、岩手県のいわぎんスタジアムで19位のいわてグルージャ盛岡と今季第25戦を行い、1-0で勝利。連敗を5でストップした。4勝15敗6分の勝ち点18で、順位は最下位の22位のまま。ナチョ・フェルナンデス監督が就任して以降では、3試合目にして初勝利となった。

 J2はシーズン全42試合終了時点で下位2チームがJ3に自動降格する。7日時点で、FC琉球の上に位置する下位5チームの勝ち点は、21位大宮が22、20位群馬が23、19位盛岡が26、18位栃木が27、17位秋田が28となっている。

 FC琉球は勝って着実に勝ち点3を積み上げていかないと取り残されていく可能性もあるため、久しぶりの白星をきっかけに上昇気流に乗り、一刻も早くJ3降格圏内から抜け出したいところだ。

大森がプロ初ゴール 清武のクロスに合わせる

盛岡戦に臨んだFC琉球のメンバー(FC琉球提供)

 試合は直近の6試合で負けなしと復調している盛岡に、序盤から再三にわたって攻め込まれる。耐える展開となった琉球だが、前半終盤の37分に好機をつかんだ。

 敵陣中央の右サイドでフリーキックを獲得。ゴールまでの距離は長いが、清武功暉が右足でカーブの掛かった鋭いクロスを上げる。ファーサイドで反応したのは大森理生。走り込んでスライディングしながら右足を目一杯伸ばし、直接合わせてネットを揺らした。

 後半は流れを掴む時間帯もあったが、追加点は挙げられず。それでも相手の猛攻に最後まで耐え、貴重な勝ち点3を獲得した。

ナチョ監督 攻守に改善を実感

 2019年5月にJリーグデビューしてから、32試合目にして自身プロ初ゴールとなった大森は「清武さんからすごいいいボールがきて、タイミング的に触れるか分からなかったけど、体で押し込んだという感じでした」とまだ汗ばんだ表情で語り、気持ちでねじ込んだゴールだった。チームにとって正念場が続く中、「勝ち点3が心から欲しかったので、勝てて良かったです」と喜びを語った。

 フェルナンデス監督にとっても記念すべき勝利となった。課題の守りで、前回勝利した5月14日の栃木戦以来9試合ぶりに無失点に抑えたことを念頭に「相手はダイレクトなサッカーで、セカンドボールに対して強いチームというのは分かっていました。それに対し準備をし、遂行できていたと思います」と及第点を付けた。

 一方で、追加点を挙げることができず、「2点目を取れるチャンスはありましたが、試合のコントロールの部分では改善しなければいけない部分だと思います」と課題に触れた。まだ最下位に位置する中、「ゴールに近い部分での精度も改善しないといけないと思いますが、少しずつ良くなってきていると思います。難しいシチュエーションは変わらないですが、次の試合でも勝ち点3を取れるように準備したいです」と浮上を見据えた。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ