舞台芸術の創造性に触れ表現を学ぶ ワークショップ「創造力のタネ」

 
デモンストレーションで絵本を朗読する当山彰一さん

 県内を拠点とするパフォーマンス団体「鳩ス(はとす)」が主催するワークショップシリーズ「創造力のタネ」が5月19日に浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民サロンで開催された。

 俳優をはじめ、様々な舞台芸術の創作に関わる人たちが講師を務め、表現することの面白さや意義に向き合いながら、新たな表現の方法やアプローチに出会う機会を生み出すことが目的だ。今回が第1回目で、今後は基本的に月1回(毎月第3水曜夜)ペースでの開催を予定している。誰でも参加可能で、料金は毎回500円、定員は1回につき30人となっている。

 鳩スの代表で俳優・演出家の國仲正也さんは「コロナ禍の今だからこそ、舞台芸術に触れてほしいということで企画しました。演者の人たちとの交流を通して楽しんでほしいと思っています」と企画意図を説明した。

岸田國士戯曲を朗読

初回は説明会も兼ねて、俳優・演出家の当山彰一さんを講師に迎え、戯曲のセリフを朗読をする「リーディング・カフェ」を開いた。

 当山さんは「沖縄で唯一“南野陽子”を羽交い締めした男です」と自己紹介して場を和ませ、デモンストレーションとして絵本『葉っぱのフレディ』(レオ・バスカーリア作、童話屋)の朗読を行なった。通りの良い声で描写する情景に加え、主人公のフレディのセリフでは声色も変えた躍動感溢れる演出もあり、聞く人たちそれぞれの頭の中に物語世界を立ち上がらせた。

 今回の朗読の課題は、新人劇作家の登竜門とされる戯曲賞に名を冠している劇作家・岸田國士さんの戯曲2作品。朗読前には当山さんがいつもしているという、歌を歌いながらボールを投げてキャッチするウォーミングアップを参加者も交えて実践。セリフの話者を参加者に割り振って朗読が始まった。

参加者みんなでウォーミングアップ
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添…
  4. 「コロナで失業しました。子供がいることで不採用にもなった所が何か所かありました。仕事が探せ…
  5.  5月23日に4度目となる緊急事態宣言が始まった沖縄県。GW明けから新型コロナウイルスの感…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組琉球海運_広告国場組前田鶏卵

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ