日常に美味しい幸せを 「papoter pepin パポテぺパン」(首里当蔵)

 

体に染み込む自然派ワイン

 「飲むと、体が美味しいと判断しているとしか言いようがない味わい」。周さんは自然派ワインの味をこう評する。「五感を超えたところで、体に染み込んできているような感覚で、何度飲んでもちゃんと言葉にできない。だから確かめたくてまた飲んでしまう。その繰り返しですね」

 そもそも「自然派ワイン」とは何か、ということに疑問符がつくが、現時点で明確な定義はない。自然の中で極力人間の手を加えず、原料となるブドウの力を存分に発揮させる形でボトリングしたワイン、というニュアンスで使われることが多い。通常のワインと違い、酸化防止のための亜硫酸塩を使わないか、その使用量が極めて少ないため、味わいの振れ幅が大きく「圧倒的な個性がある」(周さん)。

見た目に楽しいエチケットのボトル。価格帯も様々。

 一方で、通常の飲み慣れたワインの味を求める人にとっては香りが独特過ぎるように感じて好き嫌いが別れるという側面もあり、通常のワインを飲む人たちの間では「自然派=臭い」というイメージが根強くある。パポテペパンを開店する時にも、「クラシックな普通のボトルも置いて、自然派だけを扱うのは止めた方がいい」と助言されたこともあったが、周さんは「自分が美味しいと思ってないものは売れない」という考えを曲げずに自然派ワインのみをショーケースに並べている。現在も否定的な印象が完全に払拭されたとは言えないが、自然派ワインを買いに訪ねてくる人は確実に増えているといい「理解が広がってることを実感として感じる」と手応えを語る。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
  2.  42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パ…
  3.  菅義偉首相が新型コロナウイルス対策に専念することを理由に、自民党総裁選への不出馬を表明し…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない沖縄。8月25日にはついに感染者数が800名を超…
  5.  沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告国場組前田鶏卵大寛組

特集記事

  1.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  2.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  3.  内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ