日常に美味しい幸せを 「papoter pepin パポテぺパン」(首里当蔵)

 

体に染み込む自然派ワイン

 「飲むと、体が美味しいと判断しているとしか言いようがない味わい」。周さんは自然派ワインの味をこう評する。「五感を超えたところで、体に染み込んできているような感覚で、何度飲んでもちゃんと言葉にできない。だから確かめたくてまた飲んでしまう。その繰り返しですね」

 そもそも「自然派ワイン」とは何か、ということに疑問符がつくが、現時点で明確な定義はない。自然の中で極力人間の手を加えず、原料となるブドウの力を存分に発揮させる形でボトリングしたワイン、というニュアンスで使われることが多い。通常のワインと違い、酸化防止のための亜硫酸塩を使わないか、その使用量が極めて少ないため、味わいの振れ幅が大きく「圧倒的な個性がある」(周さん)。

見た目に楽しいエチケットのボトル。価格帯も様々。

 一方で、通常の飲み慣れたワインの味を求める人にとっては香りが独特過ぎるように感じて好き嫌いが別れるという側面もあり、通常のワインを飲む人たちの間では「自然派=臭い」というイメージが根強くある。パポテペパンを開店する時にも、「クラシックな普通のボトルも置いて、自然派だけを扱うのは止めた方がいい」と助言されたこともあったが、周さんは「自分が美味しいと思ってないものは売れない」という考えを曲げずに自然派ワインのみをショーケースに並べている。現在も否定的な印象が完全に払拭されたとは言えないが、自然派ワインを買いに訪ねてくる人は確実に増えているといい「理解が広がってることを実感として感じる」と手応えを語る。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  1月15日、16日に実施された今年の大学入学共通テスト。その傍ら、新型コロナウイ…
  2.  沖縄を代表する人気観光スポット「海洋博公園」の正式名称は「国営沖縄海洋博覧会記念公園」だ…
  3.  こんにちは。沖縄で芸歴10年目のお笑いコンビ「しんとすけ」のツッコミ担当「首里の…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た沖縄を素直な視点で描いてもらう…
  5.  県内では年を越して新型コロナ感染が再拡大している。高校や特別支援学校など県立学校…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組国場組前田鶏卵

特集記事

  1.  2021年7月、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」がユネスコ(国連教育科学文化…
  2.  日本の子供を取り巻く危機的状況を打開すべく、菅前首相の大号令で突如動き出したこども家庭庁…
  3.  政府は昨年12月21日、子供政策の司令塔となる「こども家庭庁」の創設に向けた基本方針を閣…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ