機体主要部分引き揚げ 陸自ヘリ事故

 
引き上げられた機体をブルーシートで覆い停泊する民間の作業船=2日、宮古島の平良港

 陸上自衛隊の多用途ヘリコプターが宮古島周辺の海域で行方不明となった事故で2日、海底で発見されていた機体が民間の作業船により引き揚げられた。今後、陸自は機体から回収したフライトレコーダーなどを詳しく分析し、事故原因の究明を進める。

 機体を乗せた作業船は同日午後2時すぎに宮古島の平良港に到着。青いシートで覆われた機体のそばでは、自衛隊員や船舶の職員、市消防本部の職員らが慌ただしく動き回る様子が見られた。準備作業が済み次第、熊本県の八代港に向けて出港し、到着後は陸路で高遊原分屯地(熊本県)に移送するという。

 不明機は4月6日、第8師団の師団長ら10人を乗せて偵察飛行中のところ、伊良部島の北方約3キロの洋上でレーダーから消失。海底の地形が複雑なため捜索は難航したが、同13日夜に伊良部島の北方約6キロの海底で機体が発見されていた。これまでに、6人の死亡が確認されている。

6人目の隊員を収容し宮古島駐屯地へ向かう陸自の車列=1日、宮古島の平良港

 陸自によると、引き揚げたのは機体の主要部で、周辺に散乱していた破片も同時に回収したという。2日は、艦艇1隻と陸上280人態勢での捜索活動も行われた。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

関連記事
「黒い煙が上がった」 陸自ヘリ行方不明 写真と飛行動画を入手

Print Friendly, PDF & Email

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…
宮古毎日新聞

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ