沖縄独自の華道会「琉球おもろ流」40周年記念展 11日まで

 

 華道の琉球おもろ流の創立40周年を記念した「『続 地・水・火・風・空』展」(主催・琉球おもろ流華道会)が9日から那覇市文化芸術劇場なはーと3階大スタジオで開催されている。11日まで。約30人の個性が光る作品が鮮やかに展示されている。

 琉球おもろ流は、室町時代から続く日本華道史としては初めての沖縄独自の華道会で、1981年に吉田紫峯家元によって設立された。本来は2021年が40周年の節目だったが、コロナ禍のため記念展を開催できず、今年になって実現した。吉田家元は開催について「迷っていましたが、高齢に伴う体力の衰えに、先延ばしすることが無意味としか思えずに、もはや決行することにしました」と覚悟を決めたという。

 琉球おもろ流は流派の形にこだわらず「華道とは何か」を学問的な観点から磨いていくことを理念としている。沖縄の華道会ながら、沖縄の花のみならず世界各地の花を使う点も「花屋さんに行けば現実に世界中の花があるんですもの」(吉田家元)と語るように、柔軟なスタンスが魅力だ。

 日本文化である華道の会を沖縄で始めてから40年の歩みを「苦難の道のりでした」と飾らない言葉で話す吉田家元。記念展については「沖縄の身近な花々を感じられると思います。わびさびではなく大らかで明るい作品もあります」とその魅力を語る。

 入場料は700円。期間中は3日間とも午前10時から午後6時まで。問い合わせは琉球おもろ流華道会(090-1179-0069)まで。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. センバツ出場を決め、報道陣を前にガッツポーズを見せる沖縄尚学のメンバー=1月27日、那覇市国場の沖…
  2.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  3. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  4.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  5.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ