オリオンビールとSHIMA DENIMがコラボ!ジーンズ&かりゆしウェア

 

 オリオンビール株式会社(沖縄県豊見城市)は、 沖縄のバガスを活用した衣料品を展開するSHIMA DENIM(同浦添市)とコラボレーションしたジーンズとかりゆしウェアを発売する。6月26日正午からオリオンビール公式通販サイトにて販売を開始する。

 バガスとはサトウキビの搾りかすのことで、世界的にも紙の原料や燃料、たい肥などさまざまな用途に活用されており、環境面にも優しいことから資源として注目されている。

 今回登場したのは2アイテム。原料調達から製造まで一貫して沖縄県内で行う。

 「OKINAWA BAGASSE JEANS(オキナワ・バガス・ジーンズ)」は、宮古島のバガスを原料にしたもので、レザーパッチにはオリオンビールのロゴが入る。オリジナル生地のポケット裏地にはシリアルナンバーが入る。沖縄復帰50周年を記念して50本のみ限定生産される。

オリオンビールのプレスリリースより(以下同)

 かりゆしウェアはオリオンビールのロゴマークをモノグラム調に配置したオリジナル生地が特徴。2種類のラインナップがあり①前立て裏やポケットの内側にオリジナル生地を利用したシンプルなデザインと②前面部の半分に大胆に使用したデザインがある。

 オリオンビールはこれまで「75BEER スタウト」や「WATTA黒糖梅酒サワー」など、沖縄のサトウキビから作られる黒糖を使用した飲料商品を展開してきた。SHIMA DENIMはバガスを使ってジーンズやスーツ、靴などを作っており、公式ホームページによるとこれまでに約23トン(23日時点)のバガスを消費しているという。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ