オリオンビールとSHIMA DENIMがコラボ!ジーンズ&かりゆしウェア

 

 オリオンビール株式会社(沖縄県豊見城市)は、 沖縄のバガスを活用した衣料品を展開するSHIMA DENIM(同浦添市)とコラボレーションしたジーンズとかりゆしウェアを発売する。6月26日正午からオリオンビール公式通販サイトにて販売を開始する。

 バガスとはサトウキビの搾りかすのことで、世界的にも紙の原料や燃料、たい肥などさまざまな用途に活用されており、環境面にも優しいことから資源として注目されている。

 今回登場したのは2アイテム。原料調達から製造まで一貫して沖縄県内で行う。

 「OKINAWA BAGASSE JEANS(オキナワ・バガス・ジーンズ)」は、宮古島のバガスを原料にしたもので、レザーパッチにはオリオンビールのロゴが入る。オリジナル生地のポケット裏地にはシリアルナンバーが入る。沖縄復帰50周年を記念して50本のみ限定生産される。

オリオンビールのプレスリリースより(以下同)

 かりゆしウェアはオリオンビールのロゴマークをモノグラム調に配置したオリジナル生地が特徴。2種類のラインナップがあり①前立て裏やポケットの内側にオリジナル生地を利用したシンプルなデザインと②前面部の半分に大胆に使用したデザインがある。

 オリオンビールはこれまで「75BEER スタウト」や「WATTA黒糖梅酒サワー」など、沖縄のサトウキビから作られる黒糖を使用した飲料商品を展開してきた。SHIMA DENIMはバガスを使ってジーンズやスーツ、靴などを作っており、公式ホームページによるとこれまでに約23トン(23日時点)のバガスを消費しているという。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ