オリオン工場がCO2の36%削減へ 沖電の再生可能エネ電力で

 
沖縄電力の成底勇人専務(左)とオリオンビールの樽岡誠生産本部長(オリオンビール提供)

 オリオンビール株式会社は2月22日、循環型産業と低炭素社会の実現に向けて、二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロとする沖縄電力の法人向け電気料金メニュー「うちな~CO2フリーメニュー」を契約したと発表した。これにより、オリオンビール名護工場は、2019年と比較して年間約4600トン、全排出量の約36%を削減する見込みとしている。

 発電の際に、石油や石炭、天然ガスといった化石燃料ではなくクリーンエネルギーを使用した電力を企業が契約・使用することで、契約企業が生産活動などで排出するCO2量を全体として相殺し、実質的に削減することができる。「CO2排出量ゼロ」の環境価値分を料金に上乗せする。料金については個別に協議する。

 クリーンエネルギーには、太陽光や風力、木質バイオマス(枝、葉、樹皮などの残材)など沖縄県産の資源を活用する。メニュー適用によって削減できる年間約3500トンのCO2は、約40万本の杉の木が1年間に吸収できる量と同等とされており、本来それに必要な面積は沖縄電力によると「沖縄セルラースタジアム那覇の約30個分」だという。

 同メニューを契約した企業のメリットとして、地球温暖化対策推進法でのCO2削減目標の達成や、環境に優しい企業としてのイメージ戦略などにつなげることができる。

 オリオンビールはこれまでにも、ビールの製造過程で出る麦芽粕などの廃棄物を100%資源化するなど、環境に配慮した取り組みを進めてきた。同社は「『人を、場を、世界を、笑顔に』の願いのもと、低炭素化社会・循環型社会の実現に努めていく」としている。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  2.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  3.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  4.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で5連覇を果たし、5月13日には年間王者を争うチャ…
  5.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…

特集記事

  1.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  2. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  3.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ