沖縄初のプロ球団・琉球ブルーオーシャンズ トライアウトで見えてきたこと

 

勝ち負けよりも経験から得るもの


 監督に今の心境を聴いてみた。「2年目の今年は、県外に遠征に行き(21戦9勝11敗1分)独立リーグだけでなく、NPBのチームとも対戦した。良い球を見て、体感して、打てない悔しさ、打てた自信、勝ち負けよりその経験から得るものが大きかった。選手として成長するいいきっかけになった」という。そして「広島、巨人、西武、ロッテなどと対戦したことで、球団としてもNPBとチームとの関係を築く事が出来たのが大きな進捗だと思う。お互い球団のメリットを共有してチーム強化、編成に繋げていきたい。来年以降の次のステージに向かう準備が整ってきました」。

 兼務するGMとしての役目も遂行でき嬉しそうだった。発足当初の「NPBに参入、ドラフト会議で指名選手を」と目標を掲げていたことについては「結果、そうなるといい」という言葉にとどめた。

ノック


 
 清水監督は、ニュージーランド代表総括コーチなどを務めたこともある。ツテもなく英語も話せないのに……だ。なぜなら、野球人気の陰りを憂い、野球伝道師として、野球の普及と振興のためにまだ普及していないニュージーランドに渡ったのだ。チームの指導だけでなく、野球教室を開催し、観光大使も務め日本とニュージーランドの架け橋になった。

その経験から、「野球を通じて社会に役に立てる人間になる事が一番大事」と強調する。「野球人であるまえに社会人。若いチームだからこそ新しい風を吹かせられる」と期待を込めた。

清水監督が選手を確認、緊張している選手たち

 

地域貢献というもう一つの役割

 設立2年目となった琉球ブルーオシャンズにはもう一つ大切な役割がある。地域貢献だ。緊急事態宣言下の今、多くの人が集まる野球教室を開催することは禁じられている。しかし、7月11日に沖縄の宣言が明け次第、即、行動していきたいと言う。

 「シーズンオフによくある、『プロ野球選手に会えた〜、見た〜』という野球教室はしたくない。今日はバッティング、今日は守備って特化したしっかり学べる教室をしたい。せっかく時間を使うなら、きっちり何かを掴んで生かしてもらいたいから。子供にも大人にも学ぶ野球教室をやっていきたい」。そう笑顔で話していた。

 琉球ブルーオシャンズは、自分たちの為だけでなく、地域の為に一歩ずつ動き出していた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

相羽 としえ

投稿者記事一覧

愛知県生まれ。東海ラジオアナウンサーからフリーアナウンサー&ライターに。スポーツニッポン、中日スポーツなどのスポーツ記者を経て、2017年沖縄与那原町に移住。3年間地域おこし協力隊として与那原の情報発信に務めた。現在もまちづくりなど様々な情報を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組前田鶏卵大寛組琉球海運_広告

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ