「3×3」チーム始動へ バスケ熱高い沖縄もいち拠点に 品川選手

 

3×3の大会主催、選手育成も視野に

 現在千葉県に住む品川と沖縄との繋がりは去年、沖縄市で行われた「KOZA3x3トーナメントHOOP TIME」という大会に仲間内で出場したのがきっかけだ。バスケ熱の高さや人の温かさを感じたという。同じく去年末、そして今年4月には、うるま市などで「STAILE GAME」と銘打った主催大会を開き、沖縄の3×3プレイヤーたちと交流し、自らのブランドも紹介した。

 この時の縁がきっかけでアスリートの活動をサポートする「沖縄スポーツマネジメント」にも所属することになった。沖縄でも3×3イベントの開催を続け、企業スポンサーだけでなく自身が立ち上げるプロチームの選手獲得や育成を念頭に置いている。そして小中学生の世代にも3×3の魅力を伝えたいと考えている。「例えばミニバスケが盛んなところは1チーム30,40人の子どもたちがいます。試合に出られる子はどうしても限られてくると思います。ミニバスケでの試合出場が叶わない子には、3×3で試合に出られるように大会も作りたいです。経験を積んでバスケの楽しさを知ってもらうことで3×3を、バスケ熱の高い沖縄の子どもたちにも浸透させたいと思っています」

 自分に自信や楽しさ、夢を与えてくれた3×3。世界で、日本で、その魅力を伝え仲間を増やす。品川恭亮のチャレンジと思いの拠点は、ここ沖縄にも築かれることになる。


☆沖縄スポーツマネジメント 品川恭亮
https://sports-management.okinawa/shozoku/shinagawakyosuke/
☆品川恭亮インスタグラム
https://www.instagram.com/kyochan624/

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

吉田鉄太郎

投稿者記事一覧

読谷村出身。県外放送局勤務後、帰郷しFM沖縄・FMよみたん情報番組パーソナリティー、RBCスポーツキャスターなどを経て、現在はQAB報道部にてスポーツを中心に記者業務に携わる。ヴォーカリストの妻とバトントワリングに励む娘と元気に楽しい3人暮らし。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組琉球海運_広告国場組

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ