【速報】キングス第4Qで失速、崖っぷちに Bリーグファイナル第1戦、宇都宮に61-80

 
ロッカールームに引き上げる琉球ゴールデンキングスの選手たち=5月28日、東京体育館

 プロバスケットボールBリーグ1部のファイナル第1戦が28日、東京体育館で行われ、琉球ゴールデンキングス(西地区1位)が宇都宮ブレックス(東地区4位)に61-80で敗れた。2戦先勝方式のため、キングスは崖っぷちに追い込まれた。29日に同体育館で第2戦が行われる。

クーリーが前半だけで得点、リバウンド二桁

 両チームとも序盤から持ち味とする堅守を発揮するが、キングスはジャック・クーリーが前半だけで13得点、10リバウンドの活躍を見せ、安定して得点を重ねた。一方の宇都宮は遠藤祐亮の連続スリーポイントやチェイス・フィーラーのミドルなどで外から高確率でシュートを決め、前半を35-38の僅差で折り返した。

 第3Qで先に流れを掴んだのはキングス。小野寺祥太と今村佳太のスリー、今村の体を張ったリバウンドで波に乗り、先行した。しかし終盤で宇都宮に中を攻められ、56-54と再び点差が詰まった状態で最終第4Qに入った。

会場の東京体育館。会場前から長蛇の列ができた

最終盤、宇都宮エース・比江島の独壇場

 第4Qの序盤は宇都宮のエース比江島慎の独壇場となる。ドライブからファウルをもらってのバスケットカウントワンスローを決めるなど、このクオーターだけで11得点。キングスは開始2分30秒で早くもチームファウル5つとなり、一気に流れを持っていかれた。

 キングスはインサイドを固めた宇都宮の守備にターンオーバーを連発し、リバウンドをも支配されて第4Qはチーム全体でわずか5得点と完全に沈黙。点差を大きく引き離された。

 29日の第2戦でキングスが勝利すれば1勝1敗となり、最終第3戦が31日に行われる。宇都宮が連勝すれば、宇都宮は5年ぶり2度目の優勝となる。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ