遠山光一郎の「沖縄VSアジア国際都市」3:=国際的知名度 、ブランディング=

 

 国際都市と呼ばれる都市は、当然ながら国際的な知名度が高い。知名度は歴史的な背景、その国の大都市、歴史的な事柄があった場所、国際的に大きなイベントなどが行われた場所、人々に語り継がれてきた、各国のメディアで紹介された、などのさまざまな要素があり、その全てが蓄積され積み上げられてきたものと言えるであろう。

 その国の首都でない都市や歴史が浅い国などは、さまざまな形でその都市の話題を作り出し、独自性の構築、観光関連マーケティング活動などで知名度を上げることに尽力している。その国独自の観光キーワード、スローガンがあり多くの国や自治体がマーケティングに使用している。
 その中で初期の段階からいち早くスローガンを活用して、観光やイメージ作りに大成功した良い例はタイの『Amazing Thailand』ではないであろうか。タイの豊富な観光資源や微笑みの国と言われるホスピタリティーがうまく表現されたオリジナリティのある素晴らしいスローガン、キャンペーンである。沖縄県でもアジアを中心に観光キャンペーンやイベントで使用したスローガン「Be.Okinawa」はなかなかいい成功例であると考える。ロゴやそれに付随する画像や映像などで沖縄の空手や芸能、美ら海などの施設、またウチナーンチュのイメージをうまく表現している。 更に進化をして他と違うブランド作りを継続して欲しいと願う。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ