遠山光一郎の「沖縄VSアジア国際都市」3:=国際的知名度 、ブランディング=

 

 国際都市と呼ばれる都市は、当然ながら国際的な知名度が高い。知名度は歴史的な背景、その国の大都市、歴史的な事柄があった場所、国際的に大きなイベントなどが行われた場所、人々に語り継がれてきた、各国のメディアで紹介された、などのさまざまな要素があり、その全てが蓄積され積み上げられてきたものと言えるであろう。

 その国の首都でない都市や歴史が浅い国などは、さまざまな形でその都市の話題を作り出し、独自性の構築、観光関連マーケティング活動などで知名度を上げることに尽力している。その国独自の観光キーワード、スローガンがあり多くの国や自治体がマーケティングに使用している。
 その中で初期の段階からいち早くスローガンを活用して、観光やイメージ作りに大成功した良い例はタイの『Amazing Thailand』ではないであろうか。タイの豊富な観光資源や微笑みの国と言われるホスピタリティーがうまく表現されたオリジナリティのある素晴らしいスローガン、キャンペーンである。沖縄県でもアジアを中心に観光キャンペーンやイベントで使用したスローガン「Be.Okinawa」はなかなかいい成功例であると考える。ロゴやそれに付随する画像や映像などで沖縄の空手や芸能、美ら海などの施設、またウチナーンチュのイメージをうまく表現している。 更に進化をして他と違うブランド作りを継続して欲しいと願う。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵国場組大寛組

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ